京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2016年07月28日

京都市立西野小学校

6月17日

文化庁の事業で、今年初めてやった事は、1日に2校廻る事です。

日を変えて行うように今までしていたのですが、
これでは効率悪く、また学校数も限られる。

比較的近い距離にある学校なら、例えば3,4時限目、
5,6時限目と、昼休みに移動すれば、いけるんじゃないか?と、やってみました。

今回の西野小学校は、京都市山科にあり、向日市とでは昼休みの移動では無理なので、
先の5向小を1,2時限に行い、ゆっくり移動し、5,6時限目に、授業する事にしました。

西野小学校!

どんな学校なんだろうと、学校を検索して調べたら、2学期制!!!

京都市教育委員会が2003年に始めて、2006年より全学校で導入し、
2011年にそれぞれの学校で選択できるようにして、
ついには来年には元の3学期制に、全学校戻すそうで、
私が向日市在住で、向日市で導入された事がないからか、ただ知らないだけなのか、
初めて知り、ビックリしました。

11年の流れのなかで、変わって、戻ったのか。。。。

教育って、子供の人生を預り、育てるのん、ほんに大変!

そして、難しいですよね。

たしかに、たまに教職者の方のいろいろな問題、テレビなどで見かけますが、
私のように、横から教職者の方と接し、また子供に授業させてもらっていると、
先生って仕事、教育委員会って、ほんとに大変だなあー!と、思います。

良いとこどりで、能楽の授業をさせてもらい、子供たちに文化の大切さを訴えていて、
昔々、茶道家さんに、能楽師は、お客さんを魅せれる!という点、
同じ文化人として、羨ましい!といわれた事、思い出しました。

そう、まずは魅せれなくてはなりません!

これからも、能楽を授業させてもらい、まずは魅せ、そこから能楽に興味持ってもらい、
日本文化の豊かさ、先人の方々の苦労、受け継ぐ大切さを知ってもらい、
大人になる流れのなか、そういった文化を守れる、
日本人である事に誇りをもてる子供たちを育てていけるよう、努力したいと思います。

頑張ります。



























  


Posted by 吉田 篤史  at 21:47Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2016年07月27日

向日市立第5向陽小学校

6月10日

文化庁、文化芸術による子供の育成事業のなかで、
芸術家の派遣事業13校、コミュニケーション事業1校、
今年も行わせていただくのですが、この事業、6月からとなっており、
その1校目、向日市立第5向陽小学校の1回目の授業でした。

6年生に限定して、授業を行っており、現在向日市の6小学校、
全学校で授業を行わせていただいています。

能楽について話をし、実演して、体験を!

舞の体験では、女の子には、正座してご挨拶する事から、舞の構え、扇の開け方、
そして、摺り足を教えた後、基本的な型である、サシ込開キを!

男の子にも正座してご挨拶後、飛返を!(跳んで空中で回転し、着地する型)

この型をやると、児童の皆さん、どよめきます。笑

もっと凄い型、として、仏倒れの説明をし、前倒れを見せて、ワーッ!となります。

謡は、結婚式などで謡われてきた、高砂を!

最後に、日本がいかに文化が豊かなのか説明し、
大切に思っていただけるよう、子供たちに訴えています。

心に、少しは未来まで残ってくれますように。

そう、願ってます。























  


Posted by 吉田 篤史  at 15:31Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2016年04月17日

松山市立東中学校

11月16日

松山市!

私とはご縁が元々全然ない土地です。

が、ご縁がご縁を呼び、道後温泉内のホテルで講演させてもらうようになり、
またそのご縁で、2つの学校で、能楽の授業をさせてもらうようになりました。

2つめの学校、東中学校です。

私のイメージでは、中学生といえば、けっこうヤンチャな子もいる感じなんですが、
いやいや、全然違って、更に尾道の中学生とも違い、優しい、仲のよい子供たちです。

ほんに、いい感じ!!!!

普段の教育の賜物でしょうか?土地柄でしょうか?

スムーズに授業を行えました。

今年も、無事に文化庁の事業通り、小学校1校と、この中学校で授業行います。

それも、午前中と午後で、それぞれの学校に授業を行い、3日連続、
また松山市に縁ある、友人の能楽師にも手伝ってもらい、
よりグレードを上げて、授業させてもらう事になりました。

ほんに、ほんに、感謝です。

子供たちの成長に、何か寄与できるよう、精一杯頑張ります。















  


Posted by 吉田 篤史  at 07:05Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2016年04月16日

向日市立向陽小学校

11月6日

地元、向日市の向陽小学校での授業でした。

向日市、6つある市立小学校のなかの、一番始めにできた小学校、
ゆえに建物の老朽化もあり、新たに新築したルームにての講演です。

おかげで、めっちゃ新しく、これが向陽なの?
うちの4向とか6向と、全然違うーーー!って、感じです。

ほぼ毎日のように走っている、向日神社の横にあり、なので、毎日小学校見ています。

こうやって授業させていただける事、文化庁、そして向日市のおかげ!!!

感謝です。

うん十年後、きっと、きっと、何かが!!!

子供たちの心に残るよう、精一杯頑張っています。

まだ正式な話がこちらには来ていませんが、文化庁のページには、
来年も、申請した全ての学校、通していただいたようです。

ご期待に応えられるよう、これからも頑張ります。













  


Posted by 吉田 篤史  at 05:14Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2011年08月10日

向日市立第4向陽小学校

11月24日

私の出身小学校は、2つあります。

向日市立第4向陽小学校と、向日市立第6向陽小学校です。

小学5年生の時に、向日市市内で引っ越したからです。
(正確にゆうと出身校は6向となるのでしょうが)

その5年通った4向で、謡と仕舞を、国立教育政策研究所の、
地域等の課題に応じた教育過程研究事業により、子供達に稽古しています。

前に、その稽古の発表会を、向日市民会館にて行わさせていただいた事もありますが、
今回は4向の体育館で行いました。

クラス毎に演目を変え、発表です。

途中、4向の隣にある、成安幼稚園の児童達も!!!

子供達がこうやって能楽に触れ、親しんでくれるの、本当に嬉しいです。

私が小学校に通っている時に、同年代の友達は、誰も能楽の事を知りませんでした。

この4向に、息子達は通う事になります。

本年度は、この事業だけでなく、文化庁の次代を担う子どもの文化芸術体験事業の派遣事業にもなり、
更に子供達に、稽古していきます。(別に尾道の久保小では父が、東広島の板城西小でも私が)

頑張ります。

























  


Posted by 吉田 篤史  at 11:14Comments(0)文化芸術による子供の育成事業