京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2014年10月19日

第12回花の能

7月6日

パソコンが壊れたせい(未だに壊れている)もあるのだけど、この記事すら、
3ヶ月も遅れてのアップ、めっちゃ反省しています。

隔年で、父と二人で主催している、吉田後援会能、花の能を、
京都観世会館にて、行わさせていただきました。

今年は、尾道薪能の折りの鞍馬天狗に引き続き、父が「橋弁慶」、私が「船弁慶」と、
義経シリーズ物を、舞わさせていただきました。

400名弱のお客様にお越しいただき、お客様にとって、見やすい環境だった?

皆様のおかげで、催しを行わさせていただき、感謝、感謝です。

長男、和史に、橋弁慶では牛若、船弁慶では義経と、勤めさせ、
今回の一番の主役は、和?ってな感じです。

今回は、12回目、私が18才の時に、花の能は発会しました。

残念ながら、祖父が亡くなってからの催しでしたが、
今は、3代で行わさせていただいていて、でもそれもあと何回3代で行えるか…。

大切に、また再来年、頑張ります。













  


Posted by 吉田 篤史  at 03:28Comments(0)花の能

2010年07月18日

花の能を終えて

7月4日より約2週間も経ってしまいました。

500人以上の、たくさんのお客様にお越しいただきました。

本当に、ありがとうございます。

体調管理!

ちゃんと心得ていたはずなんですが…………。

4月下旬に肋軟骨にヒビ入るわ、6月末に立ち上がれなくなるほど首を捻挫するわ、
コラコラ、わいの身体はどないなってんねん状態でした。

嬉しいニュースもありました。

12月に、第2子が産まれる予定です!

終えて今思うことは、皆々様のご期待に応えられるよう、
もっともっと精進しなくては、とゆう思いです。

今まで疎かにしてきた事、見直し、更に頑張って参りますので、
何卒今後とも宜しくお願いいたします。


































写真・ウシマド写真工房より
写真の無断転載などのご利用はお断りいたします。
  


Posted by 吉田 篤史  at 23:07Comments(0)花の能

2010年05月13日

第10回吉田後援会能『花の能』

先月にはチラシなど出来上がっていたのに、未だに記事が書けませんでした。

父と2人で、2年に1度主催している、吉田後援会能、花の能の舞台記事です。

8年前に、独立披露で親子で『石橋』を!

6年前に、私が『猩々』の『乱』とゆう小書(特殊演出)、父が『松風』を!

4年前に、父が『正尊』を!

2年前に、全く能楽をご存知ない方でも楽しんでいただけるように、『土蜘蛛』を!

で、今年は!!!!

私が、道成寺を開かさせていただきます。

道成寺!!!

能楽師の登竜門と申しますが、私からしたら一世一代の大舞台、
これをこえる舞台はないやろな、と思っています。

一生で一番大切な、一番大事な、一番大きな舞台!

あと50日ほど!

寝ても覚めても、道成寺です。

少しでもいい舞台を勤められるよう、稽古に励み、
皆様に楽しんでもらえるよう、頑張ります!



第10回吉田後援会能『花の能』


日時:平成22年7月4日(日)14:00~16:30頃

会場:京都観世会館
(左京区東山仁王門東入ル)

演目:能『道成寺』・他仕舞6番

料金:前売券8000円
当日券10000円
   学生券3000円(要学生証)

吉田篤史配役:能『道成寺』のシテ



  


Posted by 吉田 篤史  at 23:26Comments(0)花の能

2008年07月28日

土蜘蛛

7月6日(日)花の能の『土蜘蛛』の写真がウシマド写真工房より届きました。





















改めてたくさんのお客様お越し下さった事嬉しく本当にありがとうございました。

※写真の転載など固くお断りいたします。  


Posted by 吉田 篤史  at 00:16Comments(8)花の能

2008年07月07日

花の能

昨日、第9回花の能 吉田後援会終えました。

毎回の事ながらお客様たくさんお越し下さいました。

東は東京・岐阜、西は九州・広島と遠方よりたくさんの方お越し下さいました。

感謝感謝です。

能楽200演目の中でも最も全く能楽をご存知ない方でも楽しめる演目、
『土蜘蛛』を今回出させていただきました。

演能時間1時間ほどで登場人物も多く色鮮やか、
更に蜘蛛の巣より舞台狭しと描かれる糸の派手な効果、
皆様が能楽のイメージにお持ちになる概念にない歌舞伎的な演目の一つです。

7回乱・8回正尊と大曲が続き今回は土蜘蛛でした。

練習の時にはうまくいっていたので気にしていなかったのですが、
本番は蜘蛛の巣失敗ばかりでした。

で更には焦りより前転宙返りには失敗し頭から落ちるわ…。

おかげで一夜明けた今でもまだ頭変な感じです。

最後の死に方である仏倒れで肩が打ち身で痛いですし…。

と嘆く暇なくこれから岐阜向かいお弟子様のお稽古に参ります。

舞台終わったら次の舞台へ頭切り替えます。

頑張ります!



お越し下さった皆様本当にありがとうございました。



  


Posted by 吉田 篤史  at 06:19Comments(0)花の能