京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2016年01月20日

向日市立第4向陽小学校

10月15日

私には、小学校の母校が2つある事、先日の第6向陽小学校の記事で書きましたが、
そのもう1つの学校、第4向陽小学校での授業です。

現在、この4向の学区に、私の家はあります。
(因みに、父の家は私の時には6向区でしたが今は4向区のようです)

文化庁の、文化芸術による子供の育成事業のなかの、芸術家の派遣事業で、行っています。

年3回申請できるので、3回2時限使って、能楽に触れ、楽しんでもらっています。

基本、6年生を対象にして、毎年申請してもらっています。

来年も、無事に申請、通りますように。

子供たちに、能楽を通して、日本の文化の豊かさ、日本の良さを知ってもらい、
この国に生まれた事を誇りに思い、大切にしていける大人に育ってほしい!

これからも頑張ります。

















後日、10月21日

その文化庁の事業とは別に、4向では、6学年全員に、
能楽に触れてもらう時間があります。

1年生もいらっしゃるので、30分ほどの授業です。

元々、6年生に、前は8回ほど稽古して、発表会を開いていて、
その頃の名残で、今も、30分ほどの講演は行っています。

この授業を通して、4向の子供たちは、6年生になったら、
能楽の授業をするんだ!って、意識を持ってもらっています。

これも、来年も続けられますように。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 09:36Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2016年01月05日

クールスタイルジャパン

9月27日

京都での催しを終え、名古屋に向かいました。

クールスタイルジャパンという団体で、観月会、月結と題して、催しがあり、
名古屋の料亭、賀城園というところで、講演を頼まれ、行わせていただきました。

この賀城園、元々は敷舞台があったそうなんですが、今は名残のみで、
残念ながら、そこでは講演できなかったのですが、素敵なところです。

が、私が着いた時には、催し大幅に遅れていて、私の前に三味線があり、
その後だったのですが、待てど暮らせど、私の順番来ませんでした。苦笑

催しを行われるのが、初めて?との事、致し方ないですし、
私は時間急いでなかったので、問題なかったのですが、
会場の方で問題あり、仕方ないので、できるだけ短く、最低限の講演内容で!

たくさんのお客様に、伝えたかった事が伝えられなかったのは残念ですが、
それなりには、楽しんでもらえたかな?と、思います。

また機会あれば、是非に第2ラウンドを!笑

いろいろなご縁が繋がりますように。

頑張ります。



































  


Posted by 吉田 篤史  at 06:22Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2016年01月04日

鞠小路スタイル

9月23日

趣味お稽古ごととして習って下さっているお弟子様、
着付けの先生がたくさんいらっしゃるのですが、
鞠小路スタイルってとこの先生が、多々、うちの稽古に通ってくれています。
http://www.marikoji-style.com/sp/

雑誌などにも取り上げられていますが、どちらかというと、
ネット展開にて、新たな着付けを、若い世代を中心に展開されているイメージあります。

その鞠小路スタイルにて、3回目の講演を行いました。

ほとんどお客様は違うようですが、一応中身を変えて、行いました。

女性の方がほとんどだった事もあり、女仙の西王母を基本に!

こういった講演をご覧になり、能楽に興味を持って下さると、嬉しいです。

また、いろいろな出会いがありますように!

今年も、頑張ります。



































  


Posted by 吉田 篤史  at 07:26Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月31日

向日市立第6向陽小学校

9月1日

リアルタイムの昨日、ちょうどその母校の同級生たちと飲んでいたのですが、
私は、地本向日市に、小学校、母校が2校あります。

1~5年生の1学期までは第4向陽小学校に、夏休みに引っ越し、
2学期から、第6向陽小学校に転校となりました。

私の実家、それから今まで同じとこにあるんですけど、
現在は4向の学区になっているんですが、当時は6向の学区で、
徒歩3分ぐらいの4向を横切り、途方10分ほどの2向を横切り、
徒歩20分以上かけて、6向に、通いました。

それも、丘の上にあり、自転車では絶対に登れない坂を越えていくので、
小学1年生だったら、絶対にそれだけでヘトヘトな道を、毎日通いました。

現在は、ジョギングコースの1つにしています。

4向と6向では、雰囲気が全然違い、周りはお墓と竹藪の中にある6向、
テレビゲームかサッカーばかりの4向と
違い、
竹藪でチャンバラ、マラソン大会、きもだめしと、
自然のなか、大いに遊んだ事、私の人生のなかで、めっちゃ楽しかった思い出です。

その卒業校である母校での講演でした。

私の時代には、能楽なんて、誰も知りませんでした。

でも、こうやって授業させてもらって、
ちょっとは、子供たちの記憶に、残ってくれていると思います。

日本の文化を、日本という国の文化の豊かさを知り、誇りをもって生きてほしいです。

そして、願わくは、未来大人になったら、
そんな日本文化を守っていき、繋げていってほしいと思います。

来年も、授業できますように。。。















  


Posted by 吉田 篤史  at 14:16Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月29日

能のいろ

7月29日

広島市で講演です。

広島学院で教師をされていた、植田信隆様の依頼で、
Gallery Cafe 月~yue~にて、絵画展のなか、講演を行わせていただきました。

夏休み中なので、長男も急遽!

お客様のなかから、興味を持ってくださり、稽古体験にお越しな方が2人!

お忙しい方ばかりで、習ってくださる気持ちはおありなようですが、
なかなか入会とまでは?来年、お越しになるのを楽しみに。

広島市の稽古場は、ずっと小さな稽古場、でも中国地方一の都市、
父は稽古場を失いましたが、私は20年後も続けていけるよう、頑張ります。

























  


Posted by 吉田 篤史  at 05:10Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月28日

京都市立大薮小学校

7月16日

全国に市町村って、1750ほどあるなか、面積の小ささ、第3位の向日市、
たしかに小さく、端から端まで、歩いても1時間かからない?ぐらいの大きさです。

なので、隣の京都市まで、自転車ならすぐで、我が家から1,7キロの距離にある、
徒歩でも20分強の、京都市立大薮小学校で授業でした。

でも、雨の日ばかりで、自転車では行けず、着物で荷物もあるから、
徒歩ともいかず、タクシーですぐなので、タクシーで!

こんな時に、車ならなあー!と思いますが、封印して20年、
車に乗れない私、仕方ないです。。。

文化庁の、この事業が、6月から12月となっていて、8月の夏休みは授業ないですし、
6,7,9,10,11,12月に固まって、授業があります。

この小学校も、来年も、申請を!

感謝です。

無事に通りますように。

頑張ります。

















  


Posted by 吉田 篤史  at 15:21Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月27日

尾道市立久保中学校

7月15日

前述の記事、6,7,8日と松山の後、9,10,11日は東京、12日一旦京都に帰り舞台、
13,14日は岐阜と愛知を廻る遠征最後、15日は広島県尾道でした。

久保中学校です。

久保小学校では、10年以上、父が授業を行っており、
10回ほどの稽古を重ねて、発表会をずっと行っています。

その久保小学校の生徒が半数、他の小学校からの生徒が半数いる久保中学校!

この学校を、尾道市教育委員会から紹介されて、授業です。

多々関わってきた児童と、全く知らない児童とを同時に授業!
ってのは、頭悩ませてくれました。苦笑

かぶる話もありますが、全く知らない児童にも楽しんでもらうように!

中学生になると、小学生とは違い、男女の違和感めっちゃあります。
(多感な時期ですものね。。。)

あまり中学生に触れる事が少なかったので、新鮮です。
(前に中学校で授業して、悪ふざけすぎてる生徒に、凄んだ記憶が……苦笑)

来年も申請してくださるそうで、また学校に行けるかも!?

無事に通りましたら、来年も、宜しくお願いいたします。











  


Posted by 吉田 篤史  at 07:06Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月26日

松山市立味酒小学校

7月6日

前日、大阪での舞台を終え、松山へ!

3泊4日で、松山市立味酒小学校での、授業でした。

ホテルは、折角の松山なので、道後温泉のオールドイングランド道後山の手ホテルを!

一人で泊まる宿で、温泉で!となると、ここのホテルが一番良さげでした。

サービスは行き届き、温泉も最高、部屋もレトロな感じで、めっちゃ良かったです。

夜は、近くの旅館の温泉に入ったり、近場の旅館の食事をいただいたり、
早朝も、ランニングして、道後を楽しみました。

道後温泉本館では三階の個室利用、椿の湯にも行き、堪能しまくりました。

ええなあ、ここ!!!!
もしかしたら、今まで行ったとこでも、No.1ってなぐらい、ええとこです。

こんな機会作れて、ほんに幸せ幸せです。

松山には稽古場がなく、過去数回参っただけなんですが、大好きになりました。

また来年も、行けるかなあ?

来年度は、無謀にも、新たな挑戦で、文化庁に申請をしてもらいました。

1日2校にして、演者人数を2人に!!!

無事に通り、更にいいものを見せ、子供たちに、
能楽に、日本文化に、日本という国に、誇りを持ち、
素敵な大人になってもらえるよう、頑張ります。





























  


Posted by 吉田 篤史  at 04:12Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月21日

向日市市立第2向陽小学校

6月29日

向日市市立第2向陽小学校での講演です。

向日市には、市立は6学校あり、向陽以外は、それ以降第2,3,4,5,6と、
できた順番に、小学校があり、わかりやすいです。

現在、全部の小学校で授業をしているのですが、この第2向陽小学校は、
地元の4向陽小学校の次に、声をかけていただき、早5年ぐらい?続けています。

なので、段取り、よくわかってられるし、こちらもやりやすいです。

子供たちに、楽しんでもらいながら、いろいろ勉強してもらったと思います。

こういった授業できるのも、文化庁の事業のおかげ!

感謝です。

未来、子供たちの心に残っていて、日本文化を、
日本という国を大切に、誇りに思ってもらえると、嬉しいです。





















  


Posted by 吉田 篤史  at 05:40Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月11日

大垣市立南小学校

6月22日

亡き大伯母のおかげでできた稽古場、大垣市!

現在、2校の小学校で授業しています。

そのうちの1校、南小学校です。

文化庁のおかげで、こうやって授業できています。

子供たちに、能楽に、日本文化に、日本という国に!!!

興味を持ち、誇りを持ち、守る大切さを持ってもらえるよう、これからも頑張ります。

来年度も申請させてもらいました。

無事に通りますように。

















  


Posted by 吉田 篤史  at 11:50Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年12月01日

相模原市立谷口台小学校

6月19日

相模原市の谷口台小学校で講演させていただきました。

さすがに遠方、文化庁の申請通らない?って、思ってましたが、
ありがたくも、通していただき、授業させていただきました。

ただ、あとでわかったのですが、友人の能楽師の母校でした。(ありゃ)

それもあってか、なくてか、来年度は申請されないとの事。(残念)

また機会ありますように。

来年度の申請も、終わりました。

新規の学校は1校のみ、昨年の申請時より1校減り、14校にて!

無事に通りますように。

来年も、多くの子供たちに、能楽に、日本の文化に触れる機会を作れますように。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 05:25Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年11月30日

向日市立第5向陽小学校

6月15日

記事、5か月もたまってしまいました。

過去、最高か!?

ほんに、ごめんなさい。

向日市、第5向陽小学校での講演です。

我が家から一番遠い小学校ですが、それでも向日市は自転車で廻れる街、
自転車で20分かからない?ぐらいで行けます。

子供たちに、こうやって授業できる事、ほんに嬉しく思います。

子供たちの心に、残ってくれたかな?

いつか、子供たちが大きくなった時に、そんな話が聞ける時、楽しみにしています。



























  


Posted by 吉田 篤史  at 11:29Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年09月18日

清芳会

6月14日

大学の友人って、ほとんどいない私。。。

大学の思い出って、芝生で寝てた記憶ばかり、今思えば、
ほんに勿体無い時間の使い方、あの頃にこうしておけばよかった、
と、後悔ばかりなんですが、それでも数少ない、私の友人っています。

今回、同じ学部、国文学専攻の優等生、博士号も取られてる、木谷さんからの依頼で、
裏千家の杉谷先生社中の会、清芳会の集まりにて、講演させていただきました。

くろちくさんの能舞台です。

京都にいながら、初めて上がらせていただきました。

立派!!!!!

お社中の皆様に、能楽について知っていただき、実演を見てもらい、
バトンを木谷さんに渡し、今度は茶道と能楽の関連性について、文学的な話を、彼女に!

その後、皆様と食事をいただき、ゆったりとした時間を過ごさせていただきました。

お客様より、稽古に習いに来てくれている方、舞台を見に来てくれている方あり、
ご縁に感謝、ほんに嬉しく、有り難いです。

これからも、もっと皆様に能楽に親しんでいただけるよう、頑張ります。

























  


Posted by 吉田 篤史  at 04:57Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年08月18日

早稲田大学京都校友会

6月13日

現在、甲子園で話題の早稲田!

その早稲田大学OB会、京都校友会の総会が、からすま京都ホテルであり、
その懇親会のなかで、講演させていただきました。

向日市繋がりのご縁で、今回の講演となりました。

感謝!!!

京都にも、早稲田卒業の方って、たくさんいらっしゃるのですね!

講演後、席につかせていただき、皆様とお話を。

こういった席で、話させていただき、能楽にお触れ下さり、
興味を持ってもらえる事、とても嬉しく思います。

また機会ありましたらば、舞台遊びにお越し下さいませね!

頑張ります。





























  


Posted by 吉田 篤史  at 07:24Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年08月01日

京都市立西野小学校

6月5日

文化庁主催の、文化芸術による子供の育成事業には、いろいろな形の事業があり、
私は、芸術家派遣事業により、17つの小中学校で、今期授業を行っています。

今年より、6月から!となったことにより、この日、今期初の授業を行いました。

子供達に、能楽を通して、日本文化の豊かさを知ってもらい、
日本人として、その事に誇りをもつと共に、守る素敵な大人になってもらえるよう、
まずは、親しんでもらい、楽しんでいただく、授業です。

教室の倍程度の大きさの教室、音楽室やランチルームで授業行う事が多いのですが、
この学校では、和室があり、その教室を利用して、授業行いました。

少しは、子供たちの心に残ったかな?

その児童の皆様から、感想文をもらいました。

一部、転載させていたただきます。



この間は僕達に、能楽という、素晴らしいものを、
見せていただき、ありがとうございました。

僕が、能楽を見て思った事は、面白いものだと思った事です。

なぜなら、とっても力強い声で、激しく動き、とっても、かっこよかったからです。

これまで僕はあまり、日本の文化などには、興味がなかったけれど、
興味を持ち、インターネットなどでも、調べたりしました。

僕に、興味を持たせる機会を作っていただき、本当にありがとうございました。



僕は、能楽体験をして、昔から伝わり続ける伝統は、やはり少し難しかったですが、
やってみると、とても楽しくなってきていて、最後には、
「もっともっと能楽体験したいやぁー」や、「早っ!もう終わった」など、
自分は、もっとやりたいという気持ちで、いっぱいでした。

歌も、僕達はほぼ、洋楽ばかりで、あまり能楽はしていなかったので、
初めは、「うっわ、むっずっ」と思っていたけれど、だんだん、
「なにこれ。むっちゃ楽しいやん」と、本当に楽しかったし、
昔の歌は、楽しい事が、分かりました。

また、今の発音と、昔の発音が違う事も、分かりました。

室町時代から今、現在まで伝わってきたから、室町時代の事が少し分かるし、
その時代の楽しさも、感じられました。

自分がやるとしたら、覚えて主役になるまで、20年かかりそうです。

能楽は楽しく、昔ながらの事ができて、一石二鳥だと思いました。

もっと、体験したくなりました。



私達に、能楽を2時間もお忙しい中、教えて下さって、ありがとうございました。

私は、初めて能楽を体験しました。

体験してわかった事は、まず、謡う時の音程が、いつも歌っている時の音程と、
全然違っていて、とてもびっくりした事です。

それから、舞ってみて、一つ一つの動きをしっかりしないと、
1つの曲はできない、という事を学びました。

日本の文化は、やはり凄いな、と思いました。

しかし、吉田さんが言ってくれた通り、今は私達は着物を着て、生活をしていません。

私は、一回だけ琴こ演奏会で、着物を着ました。

でも、とてもしんどくて、周りで着物を着て、
普通な顔をしている人が、おかしいように思えてきました。

これからも、日本の文化を大切にして、次の世代の人にも、知ってもらえるように、
自分は、何をすべきかを、考えていきたいです。



初めて、能楽体験をした時、とても難しくて、こんな難しい事を、
私達の前でしてくれている吉田さんが、とても凄いと思いました。

普段と違う声を、張り上げて出している吉田さんが、とてもかっこよかったです。

とても貴重な体験をさしていただき、ありがとうございました。

能楽は、始めはあまり知らなくて、興味もあまりなかったけれど、
やってみたら、興味がわきました。

歩き方や歌い方など、いろいろな事が学べました。

吉田さんがたくさん、いろいろな事を乗り越えて、
私達の前で、能楽をしてくれていると知りました。

私も、吉田さんみたいに、いろいろな事を頑張って、諦めずに、やっていきたいです。

本当に、貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

これからも、能楽を頑張って下さい!



以上です。

ほんに、ありがとうございます。

皆様の言葉が、私の何よりもの支えであり、頑張る気力となります。

さて、今日も頑張って参ります。



























  


Posted by 吉田 篤史  at 02:59Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年07月05日

文化服装学院広島校

4月22日

毎年恒例になりました、文化服装学院広島校での、能楽講演です。

毎年、この時期に講演させていただき、後日尾道薪能を見に来てくれています。

今年も、能楽について話し、実演、学生さんに衣装を着付け、
最後に今年の尾道薪能の演目について、また謡体験し、実演!

未来がこれから!な学生さん、心に少しでも残ってくれたら、嬉しいです。

いつか、また会える機会があると嬉しいです。































追伸、学生さんたちが感想文を書いてくれました。

代表して、載せさせていただきます。



まず、昨年尾道で、能を見学した時の事を、思い出しました。

初めて、能をその時に見たので、すごく新鮮でいい経験だったなと、改めて思いました。

今回の能の授業を受けて、理解も以前より深まった気がします。

今度の尾道の能には行けないのですが、今、
いろんな能に関する基本的な事を知ってから見てみると、
また違った角度からも、見れるのではないか、と思います。

まず、狂言と能についての違いなど、私は今まで考えたりする事も正直なかったので、
いざ、違いを聞かれてもわからなかったので、今回それを知れて物凄く収穫でした。

日本語でも、どんどん新しい言葉が生まれる反面、消えていく言葉もあって、
日本の伝統も、いつかこのままだと触れる機会もあまりないので、
だんだんと消えていく危険があるといったような話に、すごくはっとさせられましたし、
確かに私も、あまり伝統芸能に触れていないので、もっと意識して、
日本の「クールジャパン」と呼ばれる、美しい伝統の部分を、
大切にしていきたいと思いました。



今回、初めて能について学んで、日本の伝統や能についての知識がたくさん知れて、
とても、勉強になりました。

私は、能についてはほとんど知識がなかったのですが、
能の歴史を聞いて、改めてすごいなと思いました。

徳川家康や豊臣秀吉などの有名な武将達も、能を大事にしていたとお話を聞いて、
能がとても重要な伝統芸能だと、感じました。

面はテレビなどで見た事はあったのですが、実際に目前で見ると迫力がありました。

そして、一つ一つ意味があるのも、初めて知りました。

女性の面を見た時、穏やかな表情だと思いましたがよく見ると眉間に皺が入っていたり、
髪が少し乱れていたりと、近くで見ないと分からなかった事が知れて興味が湧きました。

鞍馬天狗の面は、目の部分が金で作られていて、
口は唯一閉じられていたので、印象に残りました。

面をつけて舞うのが、大変だと聞き、実際に舞を見た時に、
とても圧倒されて、見入りました。

そして、衣装も間近で見ると、丁寧で、刺激を受けました。

吉田先生が「細かい所まで拘っている部分が日本らしい」と、
おっしゃっていたのが、とても共感しました。

私は、洋裁の勉強していますが、
能の衣装や日本の伝統的な着物なども、注目していきたいです。

日本の伝統芸能などに触れる事がほとんどなかったので、
今回お話や実際に舞や謡を見せていただいて、日本には、
こんな素晴らしい伝統芸能があると、再確認できて、
日本に生まれて良かったなと、感じました。



私は、今回の特別講義で、初めて能を見ました。

聞きなれないので、何を言っているかもよくわからないので、
あまり古典芸能を見る事はありませんでした。

しかし、吉田先生が、洋楽を聴くような感覚で聴いて見てください、
とおっしゃってるのを聞いて、そんな感覚で見てみると、
とても心地よい音楽にきこえてきて、とてもとても楽しんで見ることが出来ました。

吉田先生の、太くて、大きな声にも、驚きました。

衣装の着付けを見せていただいて、元々和服が好きで、
着物などのパンフレットや実物を見るのが好きなのですが、
能の衣装を見せていただける機会はないので、とても楽しかったです。

日本の、見えないオシャレを改めて実感でき、
また、これからの自分のファッションに生かしていきたいと思いました。

5月9日の能を見るのが、今日の特別講義で、もっと楽しみになりました。

とても興味がわいたので、能や古典芸能について、少し詳しく調べてみたいと思います。



今回、実際に能を間近で見ることができ、いろいろな事を感じました。

私は日本の伝統ある文化、能や歌舞伎などは、昔からずっと残っているから、
自然に残っているというイメージを勝手に思っていましたが、
その為にいろいろな人々の支えがあってこそなんだなと思いました。

難しいことはまだよくわかりませんが、多くの武将たちに愛されてきた理由も、
実際に舞っていただいて、何となくその意味がわかりました。

身なりについても、見えない所まで拘るという姿勢が、
非常に日本らしく、素敵だなと感じました。

だからこそ、演出さんも、ピリッとして、良い演技ができるのだろうなと感じました。

私は今、日本の文化についてすごく興味をもっているので、凄く勉強になりました。

5月の能も、実際に見に行くので、実際のお客さんの様子、
場の雰囲気、全てを感じてきたいと思います。

日本の文化が、より日本に根付いていく事を願っています。

勿論、私も日本の文化をもっと知り、積極的に足を運びたいと思います。

今日は、このような講義をして下さって、ありがとうございました。  


Posted by 吉田 篤史  at 08:31Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年06月30日

向日市桜まつり

4月5日

私の住んでいる向日市、ここに3才の時に引っ越してから、
書生中の7年間は嘉祥閣に住み込んでいたけれど、基本38年、住んでいます。

あまり地元で活動ってしてきていなかったんですが、
4向小学校から声をかけてもらい授業を行ってから、向日市ひまわり栄誉賞をいただき、
2向小学校、そして昨年からは、私立の洛南高等学校附属小学校含み、
向日市の全小学校で授業をさせていただくようになりました。

昨年に、地元で一番の企業のお偉いさん、地元で一番の有名人(向日市激辛の仕掛け人)、
お二人と、私の家の斜め向かいの中々で、ご飯食べてる時に、
更に向日市にて文化を発信したいという話から、今回の話へと繋がっていきました。

向日市の春のお祭り、桜まつり、平安京よりも古い、1300年ほどの歴史ある、
向日神社にて、商工会主催で行われるお祭りで、 2日間にまたがって、催しあります。

東京より、春休みなので、甥や姪も一緒に舞台!

ところが、当日、大雨…。

舞台である舞楽殿まで、控え室から、距離ある。。。。。

子供達を着物に着替えさせて、順にダッコして運ぶ!

長男、30キロ超えてるから、重い、重い。苦笑(そんな事を尻目に喜ぶ長男)

子供達の連吟(合唱みたいなもの)で始まり、解説を交えて、仕舞!

残念ながらの雨でしたが、こうやって親子3代で舞台を勤められるのん、嬉しく、
また、地元で活動できる事、嬉しく思います。

もっともっと、地元向日市で、能楽を、
日本文化に触れる機会を作っていけるよう、頑張ります。





















  


Posted by 吉田 篤史  at 09:10Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年06月26日

カルチャーアカデミー岐阜新聞・ぎふチャン

3月29日

お稽古事、趣味の習い事である、謡と仕舞、一般の方に教えておりますが、
普段は1対1のお稽古なのですが、謡だけは団体稽古を、
現在は、岐阜駅前のじゅうろくプラザにて、岐阜新聞のカルチャーアカデミーで、
よくいうカルチャースクールのなか、教えています。

一年に一回ほどか、特別講義として、講演を行い、全く能楽をご存知ない方に、
まずは知ってもらい、親しんでいただく事を目的に、行っています。

今回も、たくさんのお客様がお越し下さり、名古屋や大垣からもお越しでした。

能楽って何なのか、狂言や歌舞伎とはどう違うのか、歴史背景について話をし、
見ていただくにあたって、どう見たら親しんでいただけるのかを申し、実演を!

装束も持ってきて、お客様に着せていきながら、説明しました。

最後に、謡のお稽古を行い、皆様のご多幸ご健勝を祈願して、舞を!

また、新たに能楽を好きになって下さる方が増えると嬉しいです。

そして、そのなかで、お稽古事、謡や仕舞を習おうと思ってもらえたら、何よりの事!

これからも、皆様に、少しでも日本文化、能楽に親しんでいただけるよう、頑張ります。



































  


Posted by 吉田 篤史  at 07:33Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年06月17日

尾道東ロータリークラブ

3月24日

福山の稽古、いつもは9:30からなんですが、30分時間早めて9:00からにし、
早めに稽古終わり、尾道へ向かいました。

尾道東ロータリークラブ例会での、卓話です。

東ロータリークラブの例会会場、ベイタウンでいつもされていたのですが、
改修工事とかで、な、な、なんと、西山別館で!!!!(めっちゃ豪華!)

昔は、尾道で会といえば、西山別館で、記念撮影をお庭で撮り、懐かしいです。

例会時間ギリギリに着き、急いで着替えて、例会出席!

前教育長に、ご紹介いただき、30分の講演です。

内容を、今年の尾道薪能の内容にして、箙(えびら)について講演!

勝修羅、負修羅、扇をそれぞれ持ってきて、どう違うかなど、説明しました。

皆様に、箙の一部分を謡っていただき、箙の舞を!!!!

毎年毎年広告いただいている企業や、お医者さんもいらっしゃり、
今までの卓話とは少し内容違いますが、より尾道薪能へと誘い、
意味があったのでは、と此方サイド的には、思います。

2年に1度くらいなら、我が儘にも卓話構わないとの事なんで、
再来年、甘えて、またその折の演目をベースに、講演させてもらおうと思います。

帰りは、尾道駅まで、代々お稽古していただいている、宮野様に、送ってもらいました。
(ご本人様は稽古はしてもらえてないのだけれども…)

それでも、尾道薪能に、たくさんの方々が、
いつもいろいろな形で助けて下さり、
またこうやって、講演させてもらい、能楽に手助けの手差しのべてくださってる事、
ほんにほんに、感謝!ありがたく、思っています。

息子達の代まで、尾道薪能、尾道の稽古場を続けていけるよう、これからも頑張ります。























  


Posted by 吉田 篤史  at 08:23Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2015年06月15日

道後舘

2月28日

先の記事、東広島の小学校発表会を終え、広島より船で、松山へ!

昨年同様、道後舘にて講演です。

たくさんのお客様にお越しいただきました。

最近、松山にご縁が深くなり、今年、7月10月と、
小学校中学校の授業があり、それぞれ3泊4日で、参ります。

松山は元々能楽が盛んな土地ですが、更に親しんでいただけるよう、頑張ります。





  


Posted by 吉田 篤史  at 05:32Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)