京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年08月03日

すし屋のやまたか(祇園)

昨日は左京区・下京区の稽古でした。

その後は先輩と待ち合わせ。

先輩?

私は同志社香里という中高一貫校に行ってました。

その先輩は私が中学の時に入っていた、
オルフォイス・グリークラブ(男性合唱団)の先輩で、
中学1年の時に高校3年だった先輩です。

先日偶然にもネットにて再会し一昨日ご飯に誘ってもらい、
昨日仕事後20:00に待ち合わせして祇園に行く事になってました。

ところが下京区のお稽古場のお弟子様が9人中8人お休みになり、
18:00には手が空いてしまい先輩に連絡したら、
先輩ももう手が空いてられるとの事。

伊勢丹で待ち合わせしてタクシーで祇園へ!

先輩は『春鹿酒造』の次男さんで、
今は主にお店の営業を担当してられるそうです。

その春鹿を入れてられる寿司屋という事で祇園へ行ったのですが、
行くとあの有名寿司屋『すし屋のやまたか』でした。地図はこちら



先日土曜日より蛸薬師より此方に移転されたそうです。

真っ赤なカウンターもさる事ながらネタがいい!

全て天然もんにこだわってられるのも納得の味でしたが、
先輩にご馳走してもらっている遠慮と、
元来酒を飲みながら食べるのが苦手な為、
イカとハマチのお造りとマグロのお寿司一貫のみ。

次は絶対友達とお茶飲みながら食べたいと思いました。



で次は2軒目。

久しぶりに祇園にきてるんで、
高校時代の友人親子がやっている『チェリオ』へ!

その友人が独立して飲食店をやるそうでいろいろと話してました。

早い時間でしたが先輩を京都駅まで送り、
そのままタクシーで帰りました。

因みに一晩で使ってもうたお金、
開店資金かなんかも含んで13万…。

嫁さんにバレたらどやされる…。

やっぱり祇園はまだまだ私には敷居が高い場所でした。

って事で当分マクドで食事して頑張って働きます。  


Posted by 吉田 篤史  at 10:51Comments(0)好きな物・店