京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年09月30日

広島市稽古場

世界無形遺産に登録されている能楽。

世界中より高い評価をうけている古典劇です。

そこで謡われている『謡』や舞われている『仕舞』を学んで、
日本の文化に触れてみませんか?

ストレス発散になり肺機能も高めますし姿勢も良くなるなど、
他多々にわたって医学的に高い評価をうけています。

また礼節を身に付け美しい日本語に接し芸術の深さを味わう事は、
感性に富んだ内なる美しさを身に付ける事となります。

ご興味おありな方はいつでもお問い合わせ下さいね!

勿論見学・体験はいつでも無料にて行っています。

よければ是非遊びに来て下さいね!



『広島市稽古場』


場所:幟会館1F和室(広島市中区八丁堀3-2)
広島電鉄、八丁堀駅より徒歩6分
広島電鉄、女学院前より徒歩2分

稽古日:月2回(曜日不定)15:00~21:00
※17:00~としていますが、早い時間でないと!という方は、ご相談下さい。

月謝:
小学生月2回計2000円(仕舞のみ)・3000円(謡・仕舞共)
中学高校生月2回計3000円(仕舞のみ)・5000円(謡・仕舞共)
大学生月2回計4000円(謡のみ)・6000円(謡・仕舞共)
28才まで月2回計5000円(謡のみ)・7000円(謡・仕舞共)
28才以上一般月2回6000円(謡のみ)・9000円(謡・仕舞共)
※上記は私への交通費や稽古場代を含みます。
基本月2回の稽古場ですが、ご都合で月1回にて稽古をご希望でしたらば、ご相談下さい。





  


Posted by 吉田 篤史  at 16:35Comments(0)稽古場

2007年09月30日

京都市稽古場

世界無形遺産に登録されている能楽。

世界中より高い評価をうけている古典劇です。

そこで謡われている『謡』や舞われている『仕舞』を学んで、
日本の文化に触れてみませんか?

ストレス発散になり肺機能も高めますし姿勢も良くなるなど、
他多々にわたって医学的に高い評価をうけています。

また礼節を身に付け美しい日本語に接し芸術の深さを味わう事は、
感性に富んだ内なる美しさを身に付ける事となります。

ご興味おありな方はいつでもお問い合わせ下さいね!

勿論見学・体験はいつでも無料にて行っています。

よければ是非遊びに来て下さいね!



『京都市稽古場』


『土屋教室』

場所:土屋様宅2階(京都市下京区東若松町820-12)
地下鉄五条駅より徒歩7分
京都駅より徒歩13分

稽古日:月3回(木曜日)11:00~20:00
 
月謝:
小中高学生1回1000円(仕舞のみ)・2000円(謡・仕舞共)
大学生1回1500円(謡のみ)・2500円(謡・仕舞共)
大人1回2000円(謡のみ)・3000円(謡・仕舞共)
※月2回のお稽古なら先の月謝×2・また月3回なら×3です。
※上記は私への交通費や稽古場代を含みます。










『佐々木教室』

場所:名神不動産2階(京都市中京区桝屋町333-2)
地下鉄丸太町駅より徒歩8分
京阪神宮丸太町駅より徒歩11分

稽古日:月2回(曜日不定)17:00~20:00

月謝:
大学生2回計3000円(謡のみ)
大人2回計4000円(謡のみ)
※上記は私への交通費や稽古場代を含みます。







  


Posted by 吉田 篤史  at 16:28Comments(0)稽古場

2007年09月30日

向日市稽古場

世界無形遺産に登録されている能楽。

世界中より高い評価をうけている古典劇です。

そこで謡われている『謡』や舞われている『仕舞』を学んで、
日本の文化に触れてみませんか?

ストレス発散になり肺機能も高めますし姿勢も良くなるなど、
他多々にわたって医学的に高い評価をうけています。

また礼節を身に付け美しい日本語に接し芸術の深さを味わう事は、
感性に富んだ内なる美しさを身に付ける事となります。

ご興味おありな方はいつでもお問い合わせ下さいね!

勿論見学・体験はいつでも無料にて行っています。

よければ是非遊びに来て下さいね!



『向日市稽古場』


『実家教室』

場所:吉田宅(向日市寺戸町笹屋10-4)
阪急東向日駅より徒歩5分
JR向日町駅より徒歩8分

稽古日:月2回(不定)
※実家なので日時如何様にも相談のります。

月謝:
小中高学生1回1000円(仕舞のみ)・2000円(謡・仕舞共)
大学生1回1500円(謡のみ)・2500円(謡・仕舞共)
大人1回2000円(謡のみ)・3000円(謡・仕舞共)
※月2回のお稽古なら先の月謝×2・また月3回なら×3です。



  


Posted by 吉田 篤史  at 16:18Comments(0)稽古場

2007年09月30日

大垣市稽古場

世界無形遺産に登録されている能楽。

世界中より高い評価をうけている古典劇です。

そこで謡われている『謡』や舞われている『仕舞』を学んで、
日本の文化に触れてみませんか?

ストレス発散になり肺機能も高めますし姿勢も良くなるなど、
他多々にわたって医学的に高い評価をうけています。

また礼節を身に付け美しい日本語に接し芸術の深さを味わう事は、
感性に富んだ内なる美しさを身に付ける事となります。

ご興味おありな方はいつでもお問い合わせ下さいね!

勿論見学・体験はいつでも無料にて行っています。

よければ是非遊びに来て下さいね!



『大垣市稽古場』

場所:美濃路大垣宿本陣跡(大垣市竹島町39)
大垣駅より徒歩13分
バス停共立銀行前より徒歩2分

稽古日:月2回(月曜日)14:00~20:00

月謝:
小中高学生2回計2000円(仕舞のみ)・3000円(謡・仕舞共)
大学生2回計3000円(謡のみ)・5000円(謡・仕舞共)
大人2回計5000円(謡のみ)・7000円(謡・仕舞共)
※上記は私への交通費や稽古場代を含みます。
基本月2回の稽古場ですが、ご都合で月1回にて稽古をご希望でしたらば、ご相談下さい。







  


Posted by 吉田 篤史  at 16:01Comments(0)稽古場

2007年09月30日

岐阜市稽古場

世界無形遺産に登録されている能楽。

世界中より高い評価をうけている古典劇です。

そこで謡われている『謡』や舞われている『仕舞』を学んで、
日本の文化に触れてみませんか?

ストレス発散になり肺機能も高めますし姿勢も良くなるなど、
他多々にわたって医学的に高い評価をうけています。

また礼節を身に付け美しい日本語に接し芸術の深さを味わう事は、
感性に富んだ内なる美しさを身に付ける事となります。

ご興味おありな方はいつでもお問い合わせ下さいね!

勿論見学・体験はいつでも無料にて行っています。

よければ是非遊びに来て下さいね!



『岐阜市稽古場』

場所:じゅうろくプラザ(岐阜市橋本町1丁目10-11)4F研修室5
岐阜駅より徒歩2分

稽古日:月2回(火曜日)12:00~14:00

月謝:小中高学生2回計2000円(仕舞のみ)・3000円(謡・仕舞共)
大学生2回計3000円(謡のみ)・5000円(謡・仕舞共)
大人2回計5000円(謡のみ)・7000円(謡・仕舞共)
※上記は私への交通費や稽古場代を含みます。
基本月2回の稽古場ですが、ご都合で月1回にて稽古をご希望でしたらば、ご相談下さい。



『岐阜市カルチャースクール・謡曲初級教室』

場所:橋本町・じゅうろくプラザ(岐阜駅前)4F

稽古日:月2回(火曜日)10:00~10:55

月謝:3ヶ月間更新で計9720円(謡のみ)



『岐阜市カルチャースクール・謡曲中級教室』

場所:橋本町・じゅうろくプラザ(岐阜駅前)4F

稽古日:月2回(火曜日)11:00~11:50

月謝:3ヶ月間更新で計11664円(謡のみ)





  


Posted by 吉田 篤史  at 15:49Comments(0)稽古場

2007年09月29日

感想文と質問(尾道市立久保小学校)

9月6日に講演させていただいた、
尾道市立久保小学校の生徒さん達が感想文を書いてくれました。

全員アップしていると大変な量になってしまうので、
大変失礼ながら此方で選ばさせていただきアップさせていただきます。



1:
木曜日に能の事をいろいろ教えて下さってありがとうございました。

本物の能は迫力があって凄かったし、
衣装や面など沢山の物がいると知りびっくりしました。

私達が賀茂の謡を謡っていると、
着物姿の人が舞台の真ん中で待っていました。

とても力強い舞で私は思わず見入ってしまいました。

凄かったです。

能舞台は釘を使っていないとおっしゃっていました。

釘を使っていないのにしっかりとした造りになっていて、
どうなっているのかな、と疑問に思いました。

私も大きな舞台に立って、
吉田先生のように能を舞ってみたいと思いました。

それには練習が必要だから頑張りたいと思います。

いろいろな事を教えて下さり本当にありがとうございました。



2:
吉田先生先日は舞台を見させていただいたり、
仕舞を見させて下さってありがとうございました。

また舞台や柱の名前位置の説明や、
実際に着付けをして下さってありがとうございました。

修学旅行では金閣寺を見に行きました。

能は金閣寺が建てられた頃から今まで、
何百年も受け継がれている日本の大切な文化なんだなぁと思いました。

私は能という貴重な文化を体験して、
これからもその経験を生かして頑張りたいです。



3:
この間1時間お世話になりました。

私は能について勉強していろいろな事を知りました。

衣装の着き方、舞う人や謡の人の場所、お面、能舞台、
そして謡の意味など知りました。

吉田篤史先生の練習を見て能の大切さもよくよく知りました。

練習を見ていた時篤史先生の声の大きさは、
私達6年生の2・3倍の声で張りのある声で凄いなぁ~と感心しました。

ホームページで私達について出して下さりありがとうございました。



4:
僕は初めて能舞台を見た時、
能舞台に屋根があると初めて知り驚きました。

そして能にはいろいろな『花月』などいろいろあるのも知りました。

そして何よりも凄いと思ったのは、
能舞台に柱があるけど一本一本に名前があり、
その能を演じる役があるけど、
その座る所もちゃんと決まってると驚きました。

そして能の衣服、人などそれぞれ一つ一つに名前があり、
着るのも大変そうでした。

能は昔大昔にありそれを受け継いでる事は物凄い事だと思います。

能の服は重いし暑いしそれを着るなんて凄い事だと思うし、
吉田先生も凄いと思います。

いろいろと見学さしていただきありがとうございました。



他にも沢山の感想文いただきました。

ありがとうございます。

その中で私に質問されている方あったので、
ここで答えさせていただきます。



1・吉田先生はいつも何時間能の練習をしているのですか?

日によって違います。

勉強しなくてはならない役や日をスケジュール帳に書いています。

逆算して早め早めに勉強し前日に焦る事のないよう努めてます。



2・吉田先生は謡や仕舞をどれくらいで覚えられますか?

これも演目や配役によって違います。

1ヶ月近くかかる時もありますし1時間ぐらいの時もあります。



3・やめたいなと思った事などないですか?



ないです!とゆったら嘘になります。

33年間の中でそう思った事もあります。

でも今はやっていて良かったと思います。



4・お給料はどのくらいですか?

………………。

内緒にお願いします。

少ないです。

いつも嫁さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ですがやりがいはむちゃくちゃあるのでやっています。



5・衣装の名前をどうやって覚えたのですか?

21才の時に大学を途中でやめて住み込みの修行に入りました。

この折りの間に先輩や師匠に教わったり書物を読んで勉強しました。



6・どうして能が好きなんですか?能は楽しいですか?

18才の時初めてシテ(主役)として舞台に立ちました。

稽古に稽古を重ねました。

しんどかったですが舞い終えた後お客様から拍手を頂戴し、
自分の道はこれしかない!と思いました。

正直楽しい事よりしんどい事の方が多いです。

ですが祖父が作り父が守ってきたものを受け継ぎ、
また次の世代に繋げていく為に活動している事に、
やりがいを感じています。

吉田家が能に携わってから100年も経っていませんが、
この考え方が650年もの長きに渡って能楽は今まで伝わってきた由縁だと思います。

皆様も先祖を大切にし親を敬い、
目上の方に敬意を払える大人になって下さいね!



7・何才ぐらいの時に能を始めたのですか?

3才の時に『鞍馬天狗』の子方として初めて舞台に立ちました。

それから今まで続けています。

まだまだこれから!

勉強もっと頑張ります。



8・どうしたら大きな声が出るのですか?

これはすぐにできるものではありません。

正直今でも日々稽古の中で悩みながら声を出しています。

初めて舞台に立ってから30年経っても…。

まずは日々大きな声を出す事だと思います。

挨拶や稽古の時など精一杯大きな声出して下さい!

段々に大きな声になると思います。

頑張って下さいね!



9・正座をやって足が痛くならないのですか?
舞の時に手が痛くならないのですか?

痛くないわけありません。

我慢してるのです。

人生と同じです。

楽しいだけでは人生は生きられません。

苦しい時悲しい時も沢山あります。

それを我慢し乗り越えて大人になっていくのです。

これからいろいろな事があるでしょう!

我慢して乗り越えていける大人になって下さいね!



以上です。

未来ある子供達から感想文や質問を頂戴して嬉しく思います。

これからも能楽を通して日本の文化の豊かさ・大切さを教えて、
ひいては日本人が大切にしてきた心を教えられるよう、
日々精進していきます。

頑張ります!  


Posted by 吉田 篤史  at 10:43Comments(2)修学旅行生への講演

2007年09月25日

みなとオアシス尾道

一昨日23日はみなとオアシス尾道でした。

NPO法人尾道てごう座からの依頼でした。

尾道てごう座には2年前『日月抄』に、
特別出演させてもらってからいろいろとお世話になっています。

23日は尾道ベッチャー祭り200年祭とのイベントと共に行いました。

ベッチャー祭は田中宏先生の漫画『女神の鬼』を読んでから、
前から見たくて見たくてたまらなかった祭です。

思わずも垣間見る事ができ嬉しかったです。



講演は倉庫で行われました。

この倉庫は懐かしいです。

2年前てごう座の稽古の折りに訪れて、
てごう座の団員の方に仕舞の稽古をした事があります。

講演内容はいつもの『能への誘い』と大差ありません。



違うとこはまずキャパが広いので話の時はマイク使いました。

お客様との距離がだいぶあったんでステージから降りて話しました。



それと仕舞体験がありました。

5人上がってもらい雲扇という型を稽古しました。

扇の開け方覚えてくれたかな?



あとは演者が2人でしたので、
もう一人の演者に装束をつけるのを見せて、
最後に装束をつけた状態で高砂の披露。



一人でも多くの方が能楽を愛して下さったら私は嬉しいです。

いろいろとお世話くださった方々様、またお越し下さった方々様、
本当にありがとうございます。

また何卒今後とも宜しくお願いいたします。  


Posted by 吉田 篤史  at 02:10Comments(2)能への誘い(講演・祝舞)

2007年09月23日

いざ広島へ!

これから広島です。

今日は尾道で講演。

明日は広島市内のアステールプラザで師匠の素人会です。
(お弟子様の発表会)

で明後日から岐阜へ1泊2日です。

遠征4日間です。

朝から夜遅くまで働きづくめ…。

荷物まだ広島行きしかまとめてません。

岐阜の荷物は明日夜中に京都帰ってきてからまとめます。

で遠方に私が行くから妻は和連れて実家へ…。

水曜日には帰ってきてくれる予定です。

ほんまに帰ってきてくれるんやろか?

迎えに行かなあかんようなったら迎えに行く日なんか存在しません。

今暫しの別れの抱擁中!

よし!

ではでは広島行ってきま~す!



追伸・
『脳内メーカー2』http://maker.usoko.net/nounai/です。
(携帯電話でもできるんで検索してみて下さい)

HNやあだ名でやってみました。





モンチャン222はわけわかりませんが、
あとの2つは昔の自分見てるむちゃくちゃな結果です。

泣いてやる~~!
  


Posted by 吉田 篤史  at 12:49Comments(0)能楽師の毎日

2007年09月21日

脳内メーカー

最近真面目記事ばかりだったので久しぶりに遊び記事を!

遅ればせながら、
『脳内メーカー』http://maker.usoko.net/nounai/です。
(携帯電話でもできるんで検索してみて下さい)


まずは『吉田篤史』で!



外が『悩』と『遊』で内が『友』『悪』です。

友と悪はわからんでもないですが悩と遊は…。・

当方ほとんど悩まんしほとんど遊んでいませんが…。・


って事で次は半角スペース入れて『吉田 篤史』で!



外が『金』で内が『悪』です。

むちゃくちゃ悪い結果です。・

そこまで悪やないと思ってるんですが…。・


で次は全角スペース入れて『吉田 篤史』で!



外が『愛』で次は『秘』で次に『金』で一番内に『友』です。

はい、家族を愛し友を愛してます。

その為には多少のお金と秘密は必要かな?


さてリアルに私を知ってる方、またネット上でお出会いした方、
どれが私に一番おうてると思いますか?  


Posted by 吉田 篤史  at 23:01Comments(0)

2007年09月20日

講演後の感想(華木サロン)

京都伝統産業青年会http://densei.kir.jp/machiya/主催で、
四条京町家で行われた『華木サロン』の当方の講演終了後、
お客様方がアンケートで感想を書いて下さったんで、
ここにアップさせていただきます。



1:能に初めて触れさせて頂きましたがとても感動しました。
次は能を舞台でも拝見したいなと思いました。

2:吉田篤史先生の舞が拝見できて光栄でした。
すばらしかったの一言です。

3:参加してよかった。
値打ちがある、得した感じ。

4:以前能を拝見したことはありました。
しかし今回身近に分かりやすくご説明いただき、
楽しくより魅力的でした。(俗っぽく表現すると格好良かったです)

5:能楽博士の直接の時間最高でした。

6:初めて能に接し良い勉強になり今後伝統の文化に感心を持ちたい。

7:とても楽しかった。

8:とても面白く解りやすかったです。
衣装とか面とか間近で見られて良かったです。

9:身近で見られてとても迫力があった。
お面をつけてられなくてもそのように見えすばらしかった。

10:実際に高砂をうたい楽しかったです。

11:一方通行の話ではなく参加型でよかった。

12:能の入り口に立てたような気にさせてもらえました。

13:能を理解して楽しめる講座でした。

14:日本の文化を身近に感じさせてもらい、
先人の文化の尊さをこの町家で感じられました。

15:とても面白い企画でした、お話や進め方が上手で楽しかったです。
衣装の着付けなどとてもユニークでした。

16:身近に見られて大変よくわかりました。
また来たいです。

17:お話もわかりやすく仕舞も観れて良かったです。
装束の着付けを間近で見ることが出来て面白かったです。

18:今まで能を見たことがなかったのですが、
わかりやすく説明も入れてくださったのでわかりやすかったです。
能に興味をもてました。



お越し下さった23名の中18名もの方から、
お褒めの言葉いただいて大変嬉しく思っています。

広島・岐阜ではよくこの『能への誘い』講演を行っており、
また東京や名古屋でも時折行っておりましたが、
地元の京都では昨年までほとんど行っていませんでした。

地元でも!という思いがやっと実りさせていただいた催しで、
高い評価いただけると更に頑張る糧となります。

これからも機会があれば全国どこへでも行って、
少しでも能楽の普及、ひいては日本の文化の普及に努めていきます。

頑張ります!



追伸1・『能の面』というカテゴリーを新しく作り、
過去のアップした写真を、
新しく名写真家様(M様)の写真に変えました。

一度ご覧いただきたく宜しくお願いいたします。



追伸2・『新聞・雑誌等の掲載記事』カテゴリーに、
『あらすじで読む名作能50』の表紙の記事を移しました。

まだご覧になっていない方は是非ご覧下さいませ!



追伸3・カテゴリーを『能への誘い(祝舞・講演)』・
『修学旅行生への講演』と追加し過去記事を見やすくしました。

ご興味おありな方はご覧下さいませ!
  


Posted by 吉田 篤史  at 10:17Comments(4)能への誘い(講演・祝舞)

2007年09月16日

般若

『般若』はんにゃ



代表的な能楽の面です。

女性が化け鬼と化した面で、
『道成寺』『葵上』『安達原』に使用します。

赤白黒般若とありそれぞれ演目によってかえて使用します。

  


Posted by 吉田 篤史  at 23:04Comments(0)能の面

2007年09月14日

栗原小学校と京都伝統産業青年会

眠い~~~!

さすがにクタクタです。

さすがに昨日の疲れて今もボロボロです。

昨日6:00過ぎに起きてバタバタとシャワー浴びて用意。

まずは蛍雪会の申し合わせ(リハーサル)です。

ただその後2つの講演を控えています。

当然荷物がむちゃくちゃあります。

さすがに1人で持てないのでタクシー乗って向かいました。

最近荷物が多いとはいえタクシー移動が増えています。

移動事務所です。

タクシーん中で自分の勉強と事務仕事!

ほんま時間足りません。

申し合わせを終えたら嘉祥閣へ!

尾道市立栗原小学校の修学旅行での講演です。





先週の久保小とは違い子供達も先生も初めての体験です。

楽しんでいただけたかな?

能楽を通じて日本の文化を受け継ぎ守る事の大切さを、
感じてくれたら何より嬉しいです。

で夜も講演です。

今度は嘉祥閣から四条京町屋(西洞院四条東入ル)へ!

京都伝統産業青年会主催の華木サロンでの講演です。





私のはとこにあたり自身は私のお弟子様でもあり、
私の家庭教師の先生にもあたるT様からの依頼です。

因みにT様は土屋念珠店を経営されており、
ご両親の自宅で稽古場を開いてもらってます。

ご両親は父のお弟子様であり、
当家の幹事長を長年に渡りつとめていただき助けてもらっています。

一つつらい事が!

町屋なんでクーラーがない!

おかげで汗かきな私ですから尚汗をかき体力も消耗。

終えた後は久しぶりに目眩まで起こっていました。

前は4回講演を行った事もあるのですが年々体力低下してます。

ボロボロな中タクシーで家に帰り、
シャワー浴びて目を覚まし大好物のカレーを食べて、
丸1日の間にお書き下さった前記事のコメント返しです。

ブログとmixi合わせて60ほど。

さすがに返すのに時間かかってしまいました。

書き終えてまた皆様の記事を読み終えたら4:00前。

やっと寝れましたが7:00過ぎに和に突撃を受け起きてしまいました。

当然全然回復してません。

ですが今から病院行ってきます。

2年ほど前からあった背中の粉瘤が、
破れてしまい老廃物が吹き出ています。

気になるから何度もつまんでしまい内出血起こしてしまいました。

という事で眠いわ体ボロボロですが今日も頑張ります!

オリャ~!(でも今日は空元気です)  


Posted by 吉田 篤史  at 09:00Comments(0)修学旅行生への講演

2007年09月12日

誕・生・日~~!

昨日なんやこうや用事してる間に4:30になっており慌てて就寝。

でも7:30には目が覚めてしまい朝を迎えてしまいました。

そのまままた仕事です。

あ!

今日はタイトルにあるように嬉しい嬉しい誕生日です。

いえいえ私の誕生日ではありません。

じゃあどなた様?

はい、我が家の主である殿下様の1才の誕生日です。

まず昨日からプレゼントの宅急便が何品も来てます。



更に昼前には母と妹と姪っ子の『愛心ちゃん』の来襲です。



眠い私の目の前で4人の女性に囲まれご満悦の殿下!

興奮しっぱなしです。

落ち着いたとこで近所の山下写真館へ!

誕生日記念の写真撮りです。

1時間以上いて10パターンぐらいの30カット以上撮ってしまいました。



はい、完全な親バカです。

殿下の幸せな顔見てたら私何でもやれます。

ってかだから死ぬほど働いてるんでしょうが…。

撮り終わってからはいったんお別れです。

今日は京都の北の南丹市の稽古でした。

で先ほど帰ってきたらまだ殿下起きて待っててくれました。

3人で改めてお祝い!

ってゆっても殿下はご飯だけ!

大人な2人はお頭付き鯛の塩焼きに刺身にステーキの贅沢三昧。

今日も幸せ幸せな1日でした。
  


Posted by 吉田 篤史  at 23:05Comments(4)能楽師の毎日

2007年09月11日

や・き・に・く~~~!

昨日は朝から御礼状書きです。

むちゃくちゃ遅くなりましたが先月に広島に参った折お会いした方と、
今月若手能にお越し下さった方々にです。

会って御礼申し上げられるお弟子様には書いていません。

ほんまはお弟子様こそ書かなくてはいけないのですが、
日頃の私の忙しさに免じて許してもらえると信じてます。

勿論感謝してます。

本当にありがとうございます。


で!

夜は待ちに待った焼肉です。

20:00前に家を出て阪急西院で降り七本松四条下ルの『喜楽』へ!

今回は参加人数少なく、
歌手志望のY様と、
私のお弟子の息子である染め職人のF様と、
私の3人です。

当然初めのメニューは生レバーに生タン!

タンがええのが入ってる!の言葉通りよう脂がのって旨いです。

次はこの店自慢の塩タン!



この切り方に注目です。



こいつを焼いてネギをくるんで食べますとご飯の旨いこと旨いこと。

もうこれだけで幸せいっぱいです。

あとは天肉と特上カルビでご飯バクバク!

幸せ度200%です。

この頃には私が寝っ転がります。

だらだらと楽しい会話をしながら、
ホルモンの盛り合わせとフルーツ食べて締めです。

おかげで充電終了です。

ほんまおばちゃんいっつも美味しい肉食べさせてくれてありがとう!

またお二人様いっつも付き合ってくれてありがとう!



またいろんな方々が助けてくれるから、
1ヶ月に1回とはいえここの美味しいお肉が食べられます。

皆様に感謝感謝です。

おかげでまた今月から来月頑張れます。

よっしゃあ~~!

走りまくるで~~!  


Posted by 吉田 篤史  at 22:25Comments(0)好きな物・店

2007年09月10日

松花の会

今日は若師匠が主催する『松花の会』に行っていました。

普段の舞台なら開演の1時間前か1時間半前に入るんですが、
今日は師家の催しなんで2時間前に入りました。

楽屋入るともう若師匠お越しになっていたようで、
装束などが用意されていました。

今日は若師匠の御子息が初めて面をつけて、
能のシテ(主役)を勤められました。

まだ高校1年生です。

演目は『小鍛冶』でした。

それで思い出しました。

平成4年9月6日に私は初シテで小鍛冶を勤めさせていただきました。

ちょうど15年前の大学1回生の時です。

家に帰ってから3階の上の天井収納庫に上がり、
アルバムを下ろしてきました。

これです。




懐かしいです。

この後それまで悩んでいた自分の道をはっきりと定め、
能楽の世界に生きる事を決めた日でした。

そうか、あれから15年…。

私はまだまだ未熟者です。

ですが今日アルバムを見返して、
あの日の思い出や決意を思い出しました。

まだまだ間に合います。

自分自身の芸道に精進する事!
能楽を1人でも多くの方が親しんで下さるよう普及する事!

この2つに命燃やします。

『初心忘れるべからず!』まさしくそうでした。
  


Posted by 吉田 篤史  at 01:20Comments(0)その他の舞台

2007年09月08日

千里中央

昨日は大阪の千里中央に初めて行きました。

千里中央!?

なんで?

幼なじみの所属する劇団五期会
http://www009.upp.so-net.ne.jp/gokikai/
の舞台を見に行ってました。

母親と一緒に行きました。

そういや母親とお出かけっていったいいつ以来やろ?

ってかもうあらへんと思ってました。

ただ幼なじみとゆう事はうちの母親との繋がりも濃く、
母は常に見に行ってるそうで同じ舞台見に行くなら一緒に!
という話になり一緒に行きました。

うちの家から千里中央は意外と近いです。

阪急で南茨木で乗り換えてモノレールで千里中央へ!

約50分の移動です。

着いてもう一人約束している方と会い劇場へ!

内容は現代劇でした。

2時間強。

楽しく見させていただきました。

個人的過去にダブる内容があり感慨極まって涙腺ゆるみました。

終わった後ご飯一緒に食べようかと思ったのですが、
母は食べたとの事。

残念かどうかは別にして母親と二人での食事という、
5年に1回あるかないかという機会は先送りになりました。

幼なじみの頑張ってる姿を見、
更に自分も頑張ろうと思ったのと、
プチ母親孝行した日でした。
  


Posted by 吉田 篤史  at 21:37Comments(0)能楽師の毎日

2007年09月07日

尾道市立久保小学校

明けて今日朝から師家主催の『松花の会』の、
申し合わせ(リハーサル)でした。

その後嘉祥閣に参ってました。

なんで?

尾道市立久保小学校の修学旅行における能楽講演です。


久保小学校は月1回父が稽古しているので、
今更能楽の話は必要でなく講演内容を大幅に変えての講演です。


演目も変え装束つけは老若男女お喜び下さるので行い、
衣装をつけての仕舞です。





毎度にはなりますが謡体験も行います。

さすが習ってられるだけあって普段の小学生達より上手に謡われます。

未来ある子供達が能楽に触れ、
日本の文化を大切にする事を学んでくれると嬉しいです。  


Posted by 吉田 篤史  at 01:11Comments(0)修学旅行生への講演

2007年09月04日

名古屋

あ〜〜〜!

疲れた〜〜〜!

今岐阜から帰ってきました。

月曜日火曜日と岐阜でした。

今月から稽古場が入れ替わり京都帰ってくるんが遅くなりました。

月曜日が瑞穂市火曜日が大垣市です。

入れ替わる前なら20:00までに家帰れてたんですが…。

でもお弟子様のご要望なら致し方ありません。

その代わり月曜日が17:00前に稽古が終わります。

って事は自由時間!?

なんて事はありえません。

昨日は名古屋です。

今は広島にも和歌山にも京都の北の福知山にも普及活動してますが、
独立した折りに父は広島に稽古場があったんで、
私は東へ東へ普及活動してました。

名古屋・浜松・東京と…。

残念ながら最近東が止まったままで話もなくなってます。

なんとか!
と思い名古屋にて営業です。

飲めんお酒です。

結果グデングデンです。

岐阜に帰る事もできず名古屋駅前のホテル泊まり…。

どこ行ったかもよう覚えてません…。

もう当分お酒はいりません…。

それでもなんとかチャンスはないか種まき頑張ります。

これから月曜日に空いてる時間有効利用して頑張ります!

でこれから2日間の後片付けです。

ふ〜〜!
  


Posted by 吉田 篤史  at 22:14Comments(0)能楽師の毎日