京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年10月29日

鞆の浦

8月16日

私は泳ぐの大好きです。

2~3才ぐらいで水泳始め小学校受験で一旦スクールやめましたが、
高校生になってからは週3回ぐらいはジムで泳いでいました。

住み込みの修行に行ってる間も空いている時間あれば泳ぎに行ってました。

30才になって大病し基本泳ぐのを封印したけれど…。

そんな私ですが昔は海は苦手でした。

映画『ジョーズ』のおかげで鮫が来るゆうて延々浅瀬を横に泳いでいました。

そんな私にとっての思い出の海といえば!

広島の鞆の浦の仙酔島です。

ほとんど毎年夏になれば行っていました。

今でこそ白いとゆわれますが大学時代までは真っ黒にやけていました。
(といっても高校大学時代は授業中に芝生で日焼け)

夏に歌仙会とゆう浴衣会が広島であるのですがその前後で家族で参っていました。

父となり逆に家族を連れて行く身となった私が、
初めて家族連れて行く海もやっぱりここでした。

父と同じく歌仙会の前日に!

鞆の浦に行くには福山で新幹線降りバスで参ります。

雨でした。
(誰かの私雨男発言の声が聞こえてきます)

福山で蝋燭能チラシ撮りに使う衣装を預ける為、
村上アーカイブスの麻生様に会いついでに写真を撮ってもらいました。

同じカメラでもやっぱりプロが撮ると違います。





で海水浴できなくなった我が家族は駅前のデパートで買い物フラフラ!

その後早めに鞆シーサイドホテルにチェックインしました。

ほんとは昔泊まっていた仙酔島の海際にある、
国民宿舎に泊まりたかったんですが無理でした。
(来年はリベンジします)

食事は豪勢にしたいんやけど残念ながら健康食バイキングで肉類全然なし!

それでも家族3人楽しく過ごし夜には貸切風呂で幸せ感じました。
(雨はやんでたけどお空は曇って星も見れませんでした)

幸せな1日を過ごし父親としてまた旦那としての自覚と責任を再確認し、
尚一層頑張ろうと思いました。














  


Posted by 吉田 篤史  at 14:02Comments(2)能楽師の毎日