京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2011年07月04日

吉田嘉謡社秋季謡曲大会(京都)

11月7日

私のお弟子様方の会の名前を、吉田嘉謡社と申します。

それぞれの稽古場のある土地で、いろいろと催し行わさせていただいておりますが、
京都では、年4回、年始と夏に、練習会的な意味合いの謡曲会を、
春と秋に、発表会的意味合いの謡曲大会を、行っています。

この春と秋の謡曲大会は、基本井上門下の能舞台、嘉祥閣で行っています。

今回、春に初めて舞台を勤めた若手の皆様が、仕舞で舞台にお立ちくださりました。

また、20年来の親友や、茶道速水流の若宗匠も!
(若宗匠ってゆえば、私と同じく、京つうにゲストブロガーとして、
記事を書かれるようになりました。http://hayamisoko.kyo2.jp/ ご覧になってやってね!)

一気にお弟子様の層が若返り、活気溢れる会に!
(活気ありすぎてご年配なお弟子様方に迷惑もかけてるでしょうが…)

皆様楽しんでもらえるよう、続けてもらえるよう、頑張ります。

あ、因みに今年の10月30日(日)には、祖父が嘉謡社を作った、創立75周年を祝い、
京都観世会館にて、京都は勿論、東京・岐阜・大阪・広島の皆様にも声をおかけして、
全国大会的な会を催しさせていただく予定です。

能も舞囃子も出ますが、仕舞が云十番出る予定で、ありがたくも番組作りに四苦八苦しそうです。

祖父や父が作ったものを受け継ぎ、そのバトンを息子達に渡す!!!!

頑張ります。























  


Posted by 吉田 篤史  at 16:07Comments(0)吉田嘉謡社