京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2016年04月24日

吉田嘉謡社新年謡曲会(京都)

1月31日

京都の謡曲会(練習会)です。

お社中の発表会を謡曲大会として、春と秋に、
練習会を謡曲会として、新年と夏に、京都では行っています。

父のお弟子様方は、何十年と続けてられる方ばかりなので、
その都度、一曲のなかでシテやワキなど配役を決めて、素謡という形で!

うちのお弟子様方にそうすると、曲目がたいてい一緒になり、
またその稽古に時間取られ、普段の稽古が先へ 進められないので、
独吟という形で、今、稽古している演目の一部分を、一人で謡ってもらっています。

会場は、新年謡曲会は、たいてい緑風荘という旅館の大広間で!

その後、同会場で、懇親会です。

席が半ばも過ぎますと、酔いに任せ、ダンスやカラオケが。

最後は、常に一緒で、お祖父ちゃんが戦時中行っていたラバウルの、ラバウル小唄で!

4代目の息子まで、こうやって歌うんですね。

いつまでも、こうやって会を行えますように。

息子たちにバトンを渡せるよう、頑張ります。









































































  


Posted by 吉田 篤史  at 20:15Comments(0)吉田嘉謡社