京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年03月26日

小癋見

『小癋見』(こべしみ)



べしむ!というのは、一つの動作の事で、
口を一文字に閉じて横に引っ張った状態で、
『ん!』と力む姿です。

用途としましては、『鵜飼』(うかい)の閻魔大王や、
『鐘馗』(しょうき)の鐘軌大臣などの時に使用します。

人間ではなく、また神でもなく、天狗でもない時に使用し、
強い配役の時に使用します。

またこの面を使用する際は、赤頭の時に使用いたします。

赤い髪の毛になるわけで、鬼神系の演目に使用いたします。


同じカテゴリー(能の面)の記事画像
長霊べし見
童子
泥眼
小面
獅子口
般若
同じカテゴリー(能の面)の記事
 長霊べし見 (2018-03-14 21:28)
 童子 (2012-03-29 11:34)
 泥眼 (2007-12-03 00:40)
 小面 (2007-11-16 16:26)
 獅子口 (2007-11-10 23:02)
 般若 (2007-09-16 23:04)

Posted by 吉田 篤史  at 11:01 │Comments(0)能の面

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。