京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2009年12月26日

はや、みんみん

11月22日

京都観世会十一月例会に出勤した後、面白能楽館の会議だったのですが、
どうしてもやむ無き事あり会館を終演後すぐに飛び出しました。

ところが!

待てど待てど、呼んだタクシーが来ない!!!!!

秋の京都をなめていました~~!

更に雨まで降ってるし~~!

会館に入ってらっしゃる五常さんの車に乗してもらい、
徒歩15分もあればつけるであろう都ホテルへ!

ところが当然ながら車が動きません~~~~~~~~~~!

結局、車なら数分でつけるのに、30分以上かかりました。

ついてダッシュしたら進行遅く、間に合いました。

今日は、私のお弟子様でもある、茶道速水流の若宗匠の結婚式です。

仲人はなんと、前原大臣!!!

知己な泉議員もお越しでしたし、生け花の笹岡の若様とは同じテーブルでした。

当然、出席する為だけに参ったわけではありません。

観世会館の舞台に向かう時には着物、舞台中は紋付き、会場ついて着物に着替え、
更に、日に4回目の着替えになる裃に着替え(この後また着物に着替えるから計5回)、
山城の間のステージにて祝舞を舞いました。

いつもは神事の一環だから乾杯までにさせてもらうのですが、
私の舞台の終演時間の都合で、披露宴のお色直しの後とゆう事もあり、
祝舞後にマイクを持ち、祝辞&速水の若に『鶴亀』を己で急遽その場で謡わす事に!

さすが若、度胸ありますから、見事に謡いきります。

後には、自ら作詞作曲したのか、奥様へ愛の歌の披露!

若者らしい、日本文化を背負うだけでない、ほんわかとした結婚式でした。

一家の主(厳密にはお家元と同居だから違うか)とゆうより守るべきものができた立場、
これから一層大変だろうし、私以上に苦労する事だろうなと思います。

でも彼ならできるだろうなと思います。

私も年下ながら若を見習い、頑張っていこうと思います。

余談ですが!

帰ってから結婚5年、初めて己の時のビデオを見ました。

その画面に、若くして亡くなられた2人の恩人が映ってられ、
涙がとまらなくなりました。

お2人が私におっしゃってくださった事、力を貸してくれはった事、
一生忘れずに頑張っていきます!

当然ですが、迷惑ばかりかけている妻にお詫びと、
今後も宜しく頼んだ事はゆうまでもない話です。





















同じカテゴリー(能への誘い(講演・祝舞))の記事画像
尾道ロータリークラブ
桜まつり
岩本印刷株式会社
尾道瑠璃ライオンズクラブ
煎茶道宝山流
国際ソロプチミスト岡山 桃
同じカテゴリー(能への誘い(講演・祝舞))の記事
 尾道ロータリークラブ (2018-09-11 09:00)
 桜まつり (2018-09-08 21:23)
 岩本印刷株式会社 (2018-09-03 16:43)
 尾道瑠璃ライオンズクラブ (2018-08-21 11:26)
 煎茶道宝山流 (2018-02-15 10:07)
 国際ソロプチミスト岡山 桃 (2018-02-12 14:40)

Posted by 吉田 篤史  at 07:27 │Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。