京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年06月06日

能楽の始まり

今日は珍しくも真面目にいこうと思います。

私の所属する観世流では1年に2度全国で修行している内弟子を、
東京にて一同に会し研修会という名にて、
お家元以下観世流の重鎮の皆様に、
いろいろと教えていただく会があります。

その中の講義にて表章様にお教えいただいた事を参考に、
能楽の歴史について考えてみます。

歴史といっても650年以上の歴史ですから膨大な量になるので、
まずは初期の歴史でいったい能楽は何年にできたのかを考えます。

1333年鎌倉時代の終わりに観阿弥は誕生。

1349年田楽能・猿楽能という言葉が初めて文献に出語。

1364年世阿弥誕生。

1368年観阿弥が曲舞を取り入れる。

1375年観阿弥・世阿弥京都今熊野にて猿楽能を興行し、
足利義満がそれを見物しその後絶大な後援者へ。

この辺りが始まりといえます。

といっても今の能楽とはだいぶ違う物であったと思われます。

で、この中でどこを始めとするかは意見の別れるところでしょうが、
私は今まで発見された文献の中で能という言葉が初めて出てきた、
1349年で考えています。

という事で650年とちょっと。

この日本という国の歴史は本当に凄いものだと思います。


同じカテゴリー(能楽の話)の記事画像
湊川神社
同じカテゴリー(能楽の話)の記事
 財団法人 松声会 (2009-03-20 15:13)
 供養の謡 (2007-11-18 20:22)
 能楽の歴史1 (2007-06-27 00:48)
 『能楽』と『狂言』 (2007-06-09 09:31)
 同研能 (2007-05-25 21:24)
 湊川神社 (2007-04-28 16:56)

Posted by 吉田 篤史  at 23:46 │Comments(0)能楽の話

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。