京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2012年03月29日

童子

「童子」

字の通り、少年の面です。

少年の面は他にも何面かありますが、童子の時には黒頭をつけ、
少年の中に、霊的な、神秘的さを感じさせます。

今回、4月の京都観世例会の小鍛冶のシテの為に、新調いたしました。

能面師、大月光勲様に、打ってもらいました。
http://www4.ocn.ne.jp/~nohmask/

今年は、その小鍛冶、秋に控えている、
神田神社の薪能の田村にても、使わせていただく予定です。

例会で舞わさせていただける事、ほんに重く、既に1ヶ月を切っています。

大役、己の未熟さを少しでも埋めれるよう、精一杯稽古に励みます。







写真提供、写真家山崎兼慈様より


同じカテゴリー(能の面)の記事画像
長霊べし見
泥眼
小面
獅子口
般若
大べし見
同じカテゴリー(能の面)の記事
 長霊べし見 (2018-03-14 21:28)
 泥眼 (2007-12-03 00:40)
 小面 (2007-11-16 16:26)
 獅子口 (2007-11-10 23:02)
 般若 (2007-09-16 23:04)
 大べし見 (2007-04-08 02:13)

Posted by 吉田 篤史  at 11:34 │Comments(0)能の面

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。