京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2012年04月06日

こいまち

皆様は、お住みな街を愛してられますか?

私は、京都市の高野で生まれ、2才の時に向日市に引っ越ししてきて、
能楽の修行で、7年間の住み込み書生時代を除き、ずっと向日市で育ちました。

向日市!!!

京都駅までJRで8分ほど、繁華街の烏丸や河原町まで阪急で15分強、大阪や梅田にも30分前後、
私が引っ越してきた時には田んぼばかりでしたが、ベッドタウンとして、
日本の市で3番目に小さい面積なのに、どんどん人が増えていきました。

でも、私が育った小学校時代、チャンバラをしたり、ザリガニやブルーギルを釣りに行ったり、
山や池で遊んだ事、私にとって何にも変えがたい、楽しい楽しい思い出です。

この街に育ち、結局家を構える時にも、この街を選択しました。

たぶん、一生この街に住む事と思います。



前置き長くなりましたが、私は常々、たくさんのご縁、お力添えのおかげで、生きています。

いつもいつも、私のような者にお力お貸し下さる事、感謝感謝です。

なかには母の従姉妹の旦那さんの従兄弟とか、
遠縁とも普段ならゆわないであろう関係なのに、親戚と可愛がっていただいたり、
本当に些細な関わり方で始まったご縁なのに、こんな私を取り立てて下さる事、いつもいつも、感謝しています。

相変わらず日本は狭いですが、後々、うちのお弟子様ともお知り合いで、更には妹と同級生って事が発覚しました。

アトリエボンドの戸村様!
http://abond.exblog.jp/

彼は同じ向日市を愛してられ、もっともっと向日市を知ってもらい、また向日市市民に愛着をもってもらおうと、
こいまちプロジェクトを立ち上げられ、まちづくりの一環として、ボランティアのメンバーにて、いろいろ活動されています。

その一つに、フリーペーパーを発行されており、今回第4号を刊行されました。

その第4号の、表紙の裏にて、1ページ、私を特集して下さいました。

感謝です。

最近では市議会議員の磯野様が、激辛商店街を企画され、全国ネットの番組で向日市を特集してもらったりしています。
http://www.kyoto-gekikara.com/

皆様、それぞれに向日市の事を思い、向日市の為に、頑張ってられます。

私が向日市にできる事!!!

能楽しかありません。

これから何ができるかわかりませんが、できる事があれば、やっていきたいと思っています。

頑張ります。





追伸1、戸村様、誠に申し訳ないんやが、初めの出会いのご縁の始まり、忘れてもうた。

なんやったっけ?

れいの第5号の特集、当たって砕けろ作戦、楽しみに!

なんかやる時には声をかけてね!



追伸2、磯野様、激辛と私は絡めにくいでしょうが、私でできる事あったら、ゆうてね!


同じカテゴリー(新聞・雑誌等の掲載記事)の記事画像
6月19日京都新聞洛西版の朝刊
the能.com
和の生活マガジンSakura
『TVstation』京のオトコマエ
京都新聞(2007年6月21日)
あらすじで読む名作能50
同じカテゴリー(新聞・雑誌等の掲載記事)の記事
 6月19日京都新聞洛西版の朝刊 (2013-06-20 06:13)
 メイドイン京都 (2011-01-15 09:24)
 the能.com (2009-05-06 12:26)
 和の生活マガジンSakura (2009-02-08 10:34)
 CM (2008-06-08 22:32)
 『TVstation』京のオトコマエ (2008-01-04 11:03)

Posted by 吉田 篤史  at 23:40 │Comments(4)新聞・雑誌等の掲載記事

この記事へのコメント
吉田さま
こいまちを取り上げて頂いてありがとうございます。
取材から時間が経ってしまい誠に申し訳ありませんでした。
吉田さんとの出会いは、向日市で活躍されている方を探していたとき、
吉田さんの存在を知り、ブログのリンクをさせて頂いた事がきっかけです。
次回号で実現出来るかわかりませんが、例の取材案件体当たりしてみます。
ありがとうございました。
Posted by ツマヨウジ at 2012年04月10日 23:31
ツマヨウジ様⇒ありがとうございます。

そうか、どんなご縁がどうなるか、ほんにわかりませんね!

先日は長々とすいませんでした。

さて、その行動がどんな効果を生むか、楽しみにしています。

お互いに、頑張りましょう!
Posted by 吉田 篤史 at 2012年04月11日 07:32
名古屋のお稽古場を始められるとのこと、おめでとうございます。

名古屋はお能が盛んな土地です。
たくさんのお弟子さんが集まられることと思います。

おきばりやす。
Posted by お母さまの従姉妹の旦那さんの従兄弟 at 2012年09月24日 12:53
おじ様⇒ありがとうございます。
ご無沙汰ばかりして、申し訳ありません。
一歩一歩ですが、未来へ向けて、頑張っています。
30年後、息子達にバトンを渡せるように!!!
それが、何よりもの私の役目だと思っています。
頑張ります。
また、お会いできる時を楽しみにしています。
Posted by 吉田篤史 at 2012年09月24日 15:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。