京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2013年02月06日

尾道吉田嘉謡社新年謡曲会

2月3日

翌日、普段私1人で泊まる時には、前日に毎朝飲むグレーフルーツジュースと、
サンドイッチを買って、朝食を済ませてしまうのですが、
今回は、息子を連れているので、ホテルのバイキングを、つけました。

このホテルグランティアでは、スパ内にある、居酒屋での朝食でした。

朝から、あれやこれやと、取ってきても食べきれない息子の残り物を食べて、朝御飯。




その後、バスに乗り、福山駅前で父と待ち合わせ、尾道に向かいました。

今度は、尾道の新年謡曲会です。

新年謡曲会まで時間があるので、尾道を散歩!

いつも尾道に来てもバタバタしていて、十年ぶりかに、尾道をゆっくり歩きました。








お昼ご飯は、商店街の中、以前「一華」という店があった所に、新しくできた、
尾道結膳 樂、とゆう店で、いただきました。

ここは、元とこぶしの料理長が、新しく自分の店を出された店です。

父は刺身の定食を、私は海鮮丼を、いただきました。

息子は…。

ランチメニューやなく、夜のメニューから、和牛ステーキを。

昨年度に続いて、また、親や祖父より高価な昼飯です。

サービスで、茶碗蒸しやら、コーヒーをいただきました。

昼時とはいえ、どんどんお客様お越しで、何人か入れずに、帰ってられました。

お店を経営していく事は大変な事と思いますが、頑張ってほしいです。






















お腹いっぱいになった後、会場の、魚信へ!

いつも、ここです。

2階に、少し狭めではありますが、舞台があります。

ここの景色も、またいいのです。

父のお弟子様方のうたいを聞きながら、眺めにうっとり!

今回、普段おやすみがちな、若手なお弟子様方が何人もお越し下さり、嬉しかったです。
(肝心な人が休んでたけどー!)

息子も、昨日具合が悪かった出入りや、首や手の姿勢の悪さを直して、再度舞台に。

この10数人のお弟子様方が、尾道薪能を運営してくださっています。

いつもいつも、感謝、感謝しています。












その後は、場所を1階に移して、後席です。

後席では、節分の行事で忙しい、尾道薪能実行委員会の会長も、参加!

今では、この人なしでは、尾道薪能は動かなくなっています。

ほんに、毎度毎度、頭を下げています。

感謝に、感謝に、感謝です。

宴会の最中に、昨年の尾道薪能の決算報告(昨年はありがたい事に少々の黒字に)、
その後今年の薪能のチラシなどのデサインを決めてもらい、
パンフレットに掲載する、広告のお願いを誰にそれぞれお願いするか決めてと、
宴会とゆうよりも、尾道薪能の為の会議です。

一人、食事を堪能してたのは、またまた我が息子!

最後にアイスクリームも食べて、ご満悦でした。


























父は、宴会後、京都に帰るのですが、私と息子、和は、もう1泊!

尾道から福山に移動し、またまた父の常宿でなく、カンデオホテルズ福山、
とゆうホテルにまで、15分ほど歩いて向かいました。

駅前になんぼでもホテルあるのに、なぜに少し離れたホテルだったのか!

ここも、大浴場があるからです。

わざと違うとこに泊まり、ホテル比べです。

少し駅から離れていて、便利とはいえませんが、ホテルに着くと、
まずは入り口、エントランスからして立派です。

スタイリッシュです。

これだけで、ポイント高し!!!

それだけでなく、フロントも、部屋も、綺麗でした。

こうなると、大浴場にも期待が!

大浴場は、最上階にあり、展望風呂です。

大浴場までスタイリッシュで、めっさ、お洒落です。

大満足でした。

なんやこうやしてる間に、時間は深夜、また嫁さんに息子をこんな時間まで起こしてて、
と、怒られるなと思いながら、就寝につきました。

次の記事へ続く。

















同じカテゴリー(吉田嘉謡社)の記事画像
福山吉田嘉謡社新年謡曲会
吉田嘉謡社新年謡曲会(京都)
吉田嘉謡社秋季謡曲大会(京都)
東京吉田嘉謡社秋季謡曲大会
鞆吉田嘉謡社創立65周年記念謡曲大会
東海吉田嘉謡社秋季謡曲大会
同じカテゴリー(吉田嘉謡社)の記事
 福山吉田嘉謡社新年謡曲会 (2018-06-12 05:53)
 吉田嘉謡社新年謡曲会(京都) (2018-06-10 09:53)
 吉田嘉謡社秋季謡曲大会(京都) (2018-04-11 17:11)
 東京吉田嘉謡社秋季謡曲大会 (2018-02-14 11:57)
 鞆吉田嘉謡社創立65周年記念謡曲大会 (2018-02-06 13:21)
 東海吉田嘉謡社秋季謡曲大会 (2018-01-26 12:23)

Posted by 吉田 篤史  at 14:00 │Comments(0)吉田嘉謡社

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。