京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2016年04月26日

東海吉田嘉謡社

3月21日

10数年に渡って、東海地方の稽古場、大垣吉田嘉謡社としてきたんですが、
岐阜市、名古屋市と稽古場が広がり、なのに大垣の冠?ってのは気にはしてたのですが、
お弟子様からのご意見を受け、新たに東海吉田嘉謡社と名前を変名して、行っています。

残念ながら、父のように山陽地区内をバラバラにして、
尾道、鞆、福山吉田嘉謡社(別個、うちの稽古場、広島)、とはできないので。
(そうできたら、嬉しいけれども)

この東海吉田嘉謡社では、年に1回謡曲会(練習会)、
年に1回、謡曲大会(発表会)を行っています。

今回は、謡曲会、岐阜の稽古場のある、岐阜駅前、
じゅうろくプラザの和室にて、非公開にてお稽古会を行いました。

京都のお社中と同じく、基本、謡の方は、今、稽古している所を独吟で!

岐阜市内に開いている、カルチャースクールの方々も、連吟(皆で謡う)で!

仕舞の方は、和史に勉強で、地謡を一人で謡わせて!

一人一人の稽古の合間に、直しの時間を!

予定時間通りにいかない?と焦りましたが、だいたい時間通りに終わりました。

途中、岐阜に別件でいた父も加わり、懇親会を、隣のビル内のお寿司屋さんで。

一日働きっぱなしの、和史のリクエストでした。

ただ、全員お寿司にすると、廻りきらないというお店の指示で、私達は会席、
子供たちのみ、お寿司を好きなように頼むという形でした。

結局、大人2人分の値段を越えて食いよる、我が子たち。。。。苦笑

翌日学校なので、懇親会途中、バタバタとお先に失礼して、申し訳ありません。

こうやって会を行える事、亡くなったおばあちゃん、
一緒に稽古場を作ってくれた、松井先生や細井さんのおかげ!

3人で細々と稽古しているのを何とかと助けてくれた、伯父伯母のおかげ、
また小森さん、中川さんと、残念ながら若くして亡くなられたけれど、
稽古場始めの頃に、いのいちに習って下さった方々のおかげです。

これからも続けていき、父のように、大垣、岐阜、名古屋と、
それぞれに分けて会ができるように!とまでは申しませんが、続けていけるよう、
苦しくても、何があっても、頑張っていきたいと思います。









































同じカテゴリー(吉田嘉謡社)の記事画像
吉田嘉謡社創立80周年記念謡曲大会
神能祭
嘉祥閣再建55周年記念嘉門会
吉田嘉謡社春季謡曲大会(京都)
吉田嘉謡社新年謡曲会(京都)
吉田嘉謡社秋季謡曲大会
同じカテゴリー(吉田嘉謡社)の記事
 吉田嘉謡社創立80周年記念謡曲大会 (2017-05-20 19:10)
 神能祭 (2016-10-06 10:39)
 嘉祥閣再建55周年記念嘉門会 (2016-08-24 15:01)
 吉田嘉謡社春季謡曲大会(京都) (2016-05-14 20:11)
 吉田嘉謡社新年謡曲会(京都) (2016-04-24 20:15)
 吉田嘉謡社秋季謡曲大会 (2016-04-14 09:19)

Posted by 吉田 篤史  at 05:34 │Comments(0)吉田嘉謡社

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。