京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年08月01日

面白能楽館

26日、今年ずっとずっと携わってきました面白能楽館の当日です。

自分でできる限りの宣伝行いました。

自分でできる限りのお力添えいただける方にご協力願いました。

当日10:00より設営担当の方々と代表者の皆でいろいろな最終チェックです。



ロビーには京都市歴史博物館所蔵の複製である源氏物語車争図屏風が飾られました。

また尾道の浄土寺所蔵の源氏絵扇面散屏風を、
写真家村上宏治様が撮られた複製物が30点程所狭しと飾られました。

また牛窓写真工房や金の星さんのお力添えを得、
先日の小冊子の写真共々いろいろな写真が飾られました。

2階の小ケースには須磨源氏・野宮・葵上に分け、
面や装束、また文献などが飾られました。

舞台では初めの解説に使う映像を映すスクリーンが2台設置されました。




















11:00過ぎにはお客様並び出され玄関を開け、
ロビーに道を作り待っていただきました。

開場!

私は受付でいろいろな資料や今後の舞台案内チラシ・
アンケートなどをお客様にお渡しいたしました。

どんどんお客様お越しです。

逆に入りすぎのないよう当日券を40枚ほどと決め、
お越しになったお客様にお断りするとゆう一場面もありました。



13:00開演!

まずは上記のスクリーンに映像を映しながら解説を!

次に『翁』『高砂』『経正』『野宮』(前)『野宮』(後)と実演を交え解説です。

5人のシテ方が能衣装を着て登場し実演します。

休憩を挟み今度は『葵上』(前)『葵上』(後)の実演!

更に源氏物語関連で、
『半蔀』『夕顔』『玉鬘』(前)『玉鬘』(後)『浮舟』
『住吉詣』(光源氏)『住吉詣』(明石上)『源氏供養』と続き、
最後に10人の装束を着た役者が一気に舞台に並びます。
(因みに私は『玉鬘』の後で舞台立っていました)

そして休憩挟み融の上演。



結局16人のシテ方が能衣装を着た催しってのはそうそうないです。

結局556人と定員をこえ席作りましたがほとんど席が埋まる満員でした。

これも偏にお越し下さった皆様、
チラシや小冊子配布・ポスター貼りにお力添え下さった方々のおかげです。

本当にありがとうございました。



何より感謝しなくてはならないのは!

一つの催しを行うにあたり5万部の小冊子を無料配布するなんて事ありえません。

それを可能にしたサンエムカラーさん、そして写真家村上宏治様のおかげです。

本当に本当にありがとうございました。


















同じカテゴリー(その他の舞台)の記事画像
項羽
富士太鼓
天鼓
殺生石
邯鄲
井筒
同じカテゴリー(その他の舞台)の記事
 項羽 (2018-01-04 10:49)
 富士太鼓 (2017-07-27 11:38)
 天鼓 (2017-05-08 10:26)
 殺生石 (2016-10-04 17:40)
 邯鄲 (2016-03-11 12:30)
 井筒 (2015-11-27 15:41)

Posted by 吉田 篤史  at 10:19 │Comments(4)その他の舞台

この記事へのコメント
はじめまして。
こちらのHPには何度かお邪魔しております。
能楽師の方の日々を垣間見れて、興味深く拝読させていただいております。面白能学館、とてもとても楽しかったです。
前半のとてもわかりやすい説明、豪華な衣装でのシテの方々の登場。
そして『融』。どれも本当に素晴らしかった。
ロビーに吉田さん、いらっしゃいましたよね。
何度も声をおかけしたいなって思いながら勇気がなかったです(笑)
今まで舞台で拝見していたシテの方々が身近にロビーにいらしたことも、
とても嬉しかったです。
こんな贅沢な企画はそうないですよね。本当に楽しかったです。
私は能楽の世界の魅力を知ってまだ1年。
これからも期待しています!
Posted by 山田 at 2008年08月03日 16:40
山田様⇒ありがとうございます。

またお越し下さり誠にありがとうございました。

せっかくお越し下さっていたのならお声おかけ下さったらよかったのに!
(少なくとも私はよほど忙しい時以外は喜んでお応えいたします)

楽しんで下さったようで私も嬉しいです。

皆々様がもっともっと能楽を愛して下さるよう、
これからも頑張って参りますので宜しくお願いいたします!

因みに!



ここはブログでHPは別にあります。

『花の能』HP⇒http://www.k5.dion.ne.jp/~hana-noh/

ご存知かもしれませんがご覧になった事ないようでしたら、
是非こちらもご覧下さいませね!
Posted by 吉田篤史 at 2008年08月03日 16:47
はじめまして。
昨日の朝、不躾にも向日町駅でお声を掛けさせて頂いた者です。
向日市在住で、吉田先生の美しいお姿をよくお見かけしています。
高槻のT先生に数年前からお謡を習いはじめ、昨年10月の追善会の素謡で、初めて先生方に
地謡でバックアップして頂きました。
後でDVDを見たら、吉田先生が後ろにいて下さってビックリ!この映像は私の宝物です。
なので、つい馴れ馴れしくお声掛けしてしまい大変失礼致しました。
面白能楽館は、源氏千年紀で色々お勉強した主人が観に行きました。彼も能楽鑑賞は2度目という初心者ですが,
「分かりやすくてよかった,前の方で観たので迫力があった」と申しておりました。私も行きたかったです・・・
陰ながら吉田先生の今後のご活躍をお祈りしております。
Posted by きのした at 2008年08月06日 08:18
きのした様⇒ありがとうございます。

また昨日はお声おかけ下さり誠にありがとうございました。

すぐわからずすいませんでした。

向日市でも能楽を愛して下さる方いらっしゃりとても嬉しいです。

これからも頑張っていきますので何卒よろしくお願いいたします。
Posted by 吉田篤史 at 2008年08月06日 13:22
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。