京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年11月24日

積極人間の集い

9月12日

今までの人生で一番早い時間からの催しです。

なんと7:00からの講演でした。

広島駅前をまっすぐ南に下がった西側にある赤心商会の6F、会議室で!

毎週金曜日に行ってられる『積極人間の集い』での講演です。

40分の講演時間なので仕舞は1番だけで『葵上』を!

起きれるか自信ちょっとなかったですが昔から朝強い私だから難なく行えました。

なんせ中高生時代も5時過ぎには起きてたし!
(学校まで2時間近くかかった)

それにしてもこの時間なのにたくさんの方が!

朝会社に行く前に集まり講演を聞き勉強する。

なかなかできるもんではありません。

見習わなくては!と思いました。
















同じカテゴリー(能への誘い(講演・祝舞))の記事画像
尾道ロータリークラブ
桜まつり
岩本印刷株式会社
尾道瑠璃ライオンズクラブ
煎茶道宝山流
国際ソロプチミスト岡山 桃
同じカテゴリー(能への誘い(講演・祝舞))の記事
 尾道ロータリークラブ (2018-09-11 09:00)
 桜まつり (2018-09-08 21:23)
 岩本印刷株式会社 (2018-09-03 16:43)
 尾道瑠璃ライオンズクラブ (2018-08-21 11:26)
 煎茶道宝山流 (2018-02-15 10:07)
 国際ソロプチミスト岡山 桃 (2018-02-12 14:40)

Posted by 吉田 篤史  at 18:39 │Comments(4)能への誘い(講演・祝舞)

この記事へのコメント
久しぶりにコメントします。

早朝から、大変でしたね…起床もさることながら、朝はなかなか声が出なかったり、身体の節々が硬くて動きづらかったり舞いづらかったりということはないのですか?

スポーツもバレエも準備運動したり体を温めたりして、怪我を防ぎながら動き出しますが、お能はどうなのでしょうか?


怪我することもあるのですか?(道明寺で頭打つ危険性については、昔、テレビで見たことありますが。)

そういえば、舞台で飛んだりするときの着地音が大きいのは床の素材の影響ですか?それとも、やはり体重の3倍の負荷が身体にかかるため?

能楽士さんたちは特殊な保険に加入しているのですか?スポーツ保険のような?
Posted by そらまめ at 2008年11月24日 21:02
そらまめ様⇒ありがとうございます。

コメントってゆうよりは質問やなあ!

当然に朝は声も出にくいですし体も動きにくいです。

だからシャワー朝入って少しでもマシな体になるようしています。

講演や能の役の折りには軽く準備体操してから舞うようにしています。

膝や腰はいつも痛んでますしたまに足首なども痛めます。
(因みに貴女様がおっしゃっている演目は道成寺です)

着地音も一つの効果音ですから床の素材とゆうよりは、
床下の瓶による反響音やわざと音立てて着地するからだと思います。

個人経営だからそれぞれ保険は違いますが私は一般の保険に入っています。
(健康保険は芸保とよばれる京都芸術家国民健康保険ですが)

因みに因みに!

能楽士ではなく能楽師です。
(ここめちゃくちゃ大事なとこです)
Posted by 吉田篤史 at 2008年11月24日 22:23
お返事&解説&訂正 ありがとうございます。

「道明寺…桜餅」「道成寺…娘の想いを託された蛇の物語」であり、ノウガクシさんは、「武士の士、紳士の士」とは違い、「師匠の師」なのでしたね。思い出させて頂いて、ありがとうございます。

ところで、床下の瓶って何ですか?
Posted by そらまめ at 2008年11月24日 23:28
そらまめ様⇒ありがとうございます。

能舞台の下には音を反響させるために瓶が入っているのです。
Posted by 吉田篤史 at 2008年11月24日 23:33
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。