京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2019年02月11日

大垣市立興文小学校

10月29日

前日の舞台で、左膝を痛め、正座もできない状態だったのですが、
文化庁の事業、休みにするわけにもいかず、授業を行いました。

痛みでできない事もありましたが、何とか授業は行えました。

左膝、その後の経過で、後十字靭帯の損傷との診断で、
未だにまともに正座できませんが、ほんの少しずつではありますが、前向きに!

本年も、多々の学校で授業を行わせていただく予定です。

児童の皆さんに、楽しんでいただけるよう、早く治して、頑張ります。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 09:17Comments(2)文化芸術による子供の育成事業

2019年01月27日

東広島市立板城西小学校

9月13日

広島県の小学校、唯一授業を行っている、板城西小学校です。

生徒数少なく、6年生は10人のみ。

ただ、この学校では、始めに講演を行いますが、
その後8回の稽古を行い、最後に発表会を行います。

児童が謡い、舞うのを保護者、近隣の皆様に発表するのです。

前は他の学校でも行っていましたが、今はここのみ!

稽古数多い分、尚更、児童の心に、きっと残ってくれる事と思います。

大人になる人生のなかで、役に立つこと、きっとあります!

そう信じて、教えています。

目に見える成果、こたえられる事柄ばかりに目がいってしまいますが、
日本人だからこその心などなど、大切にしていきたいと思います。

























  


Posted by 吉田 篤史  at 08:42Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2019年01月26日

向日市立第4向陽小学校

9月5日

先の母校話、もう1校はここ、4向です。

そして、その後向日市に居を構えた、私の子供たちの母校になりました。

そう、今年は特に意味が違う授業でした。

和の友達、幼稚園時代から知っている子供たちばかりです。

私の友達は皆能楽を知らなかったけど、和の時代には違う事ができました。

興味までもってくれた子も!

ほんに嬉しい事です。

私の頃にはなかったランチルームでの授業!

4年後には、次は次男が!!!

いつまでも続けていき、
日本文化に親しみをもってくれる子供たちを育てていきたいです。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 09:54Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2019年01月25日

向日市立第6向陽小学校

9月3日

私には、母校が2つあります。

小学5年の時に引っ越したので、2つ母校、小学校時代にあります。

同じ向日市内で、4向、6向と!

今回は6向小学校での、能楽の授業です。

音楽室、昔のまま!

下に敷いてある、カーペットまで。

懐かしい思い出いっぱいの小学校です。

ここで、こうやって授業行える事嬉しいです。

あの頃、同級生で能楽の事をわかっている友達は全然いませんでした。

でも、今は!!!!

来年も、再来年もできますように。

頑張ります。



































  


Posted by 吉田 篤史  at 15:43Comments(2)文化芸術による子供の育成事業

2019年01月05日

大垣市立南小学校

7月9日

今年5校目です。

大垣市内では、ここ南小学校と、興文小学校の2校で行わせていただいています。

向日市以外ではここだけ!

大伯母、大垣のおばあちゃんのおかげです。

ほんに、ありがとう!!!

もう会えないけど、いただいたご縁大切に、感謝忘れず、
息子たちにバトン渡せるようにしたいです。

いつか、子供たちが成長し、大人になった頃、どこかで再会できますように!

そんな日を夢見て、頑張ります。

























  


Posted by 吉田 篤史  at 08:57Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2019年01月04日

相模原市立谷口台小学校

7月2日

関東地方、唯一の小学校、相模原市の谷口台小学校です。

今年で3回目かな?ご縁を頂戴し、感謝です。

2泊3日で近くのホテルに泊まり込み!

前回は、空き時間にスーパー銭湯に行きましたが、今回は行かず!

空き時間には、翌週の花の能の勉強です。

とはいえ、サッカーは見ちゃった私です。苦笑

ホテルの部屋禁煙なんですが、CM時間に喫煙ブースに行くと、
おんなじパターンの方々がいらっしゃり、サッカーの話題でワイワイ!

ってな話は置いといて!!!!笑

関東地方でも、もっと授業増えますように。

勿論、関東地方に限らず、ご縁をいただければ、日本全国、どこでも行きます!

これからも頑張ります。

























  


Posted by 吉田 篤史  at 22:05Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2019年01月04日

向日市立第2向陽小学校・京都市立大薮小学校

6月20日

先の記事、派遣事業、2校目、3校目です。

向日市から東の京都市南区の久世にある大薮小学校はすぐで、
先の5向陽小学校より家に近いため、掛け持ちで、
午前中、午後とすれば、2校の小学校で授業行えます。

それぞれの小学校、子供たちに、いかに楽しんでいただくか!

どうしても能楽って、大人の方でもいろいろお思いになる!!!

それをいかに崩すか!

楽しいやん!と感じてもらいつつ、しめるとこはしめる!!!

楽しんでもらえたかな?

これからも頑張ります。









































  


Posted by 吉田 篤史  at 13:23Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2019年01月04日

向日市立第5向陽小学校

6月6日

文化庁の事業、文化芸術による子供の育成事業の中の、芸術家の派遣事業、
毎年多々の学校にて授業させていただいており、
今年は10校、その一発目、地元向日市の第5向陽小学校にて授業行いました。

この学校、うちの家から一番遠い小学校ですが、
とはいえ、日本の市の中でトップクラスに小さい市である向日市、
徒歩でも行けない事はない距離にあり、雨さえ降らなければ自転車でも行けます。

6月の梅雨時なので、よく雨降っちゃうんですが。

こうやって授業を行えること、文化庁、JTB、向日市の教育委員会、
そして、小学校の先生方に感謝です。

子供たちに、少しでも心に残ってもらえるよう、これからも頑張ります。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 09:38Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年06月09日

尾道市立久保中学校

12月13日

広島県尾道市、そうここも、前記事に負けず劣らずの、私の第二の故郷、
祖父が戦後すぐに稽古場を持ち、それから父に受け継がれ、
私も子供の頃から、ほんとに何度も、参っており、毎年5月には薪能を、
そして、昨年からは、私個人の稽古場も開かせてもらい、
毎月参って、泊まり、お酒をいただいています。
(泊まってお酒をいただくのが稽古場開く条件で)

この尾道市では、父が10年ほど、久保小学校で授業をしているのですが、
私もご縁を頂戴し、久保中学校1年生を授業するようになりました。

ここ問題があるのは、久保小学校で父が10回近く稽古した子供たちと、
そして、全く能楽の名前すら知らない子供たちが半々ぐらい、いらっしゃる事です。

授業の内容にいつも困るのですが、今回、大幅に変え、
能面、装束を多々持っていき、それを学生の皆さんにつけて歩ませたり、
間近で見てもらったり、順に全員に行いました。

装束も、いろいろ着せながら説明するつもりだったけど、時間足らず、少しだけ!

これなら、どちらの学生の皆さんにも楽しんでもらえたかな?

能楽には様々な日本の文化が携わっています。

この国に生まれ、育っている事に誇りをもってもらい、
大人になる流れのなかで、守って下さるような素敵な大人になってほしいです。

これからも、頑張ります。

































  


Posted by 吉田 篤史  at 08:00Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年06月08日

大垣市立興文小学校

11月27日

岐阜県大垣市、母方の大叔母がおり、我が孫のように可愛がってくれたので、
子供の頃より、毎年、夏と冬に参っていました。

私が修業を終え、独立した際に、自分の友達を誘って、稽古場を開いてくれました。

残念ながら、その始まりの折りに習ってくださった3人は、お亡くなりになり、
その後、一番の後援者といえる方々、順番にお亡くなりになったのですが、
細々とではありますが、今でも毎月2回、竹島町にある、大垣宿本陣跡で稽古を行い、
またご縁を頂戴し、岐阜市、名古屋でも稽古場を持たさせていただいております。

お子様にも稽古をしており、そのうちの一人のお子様が通ってられた、
興文小学校でも授業を行うようになり、もう5年ほど続いていて、
今年は、そのお子様の弟君が6年生になっていて、授業に参加です。

弟君も稽古を始めていて、少しずつではありますが、勉強してくれています。

その間に、校舎が新しくなり、真新しい教室での授業になっています。

現在、リアルタイムでも、ちょうど今期の小学校授業が始まっているのですが、
こうやって授業行えている事、本当に嬉しく思います。

子供たちの心に、少しは残ってくれますように!

精一杯、これからも頑張ります。















  


Posted by 吉田 篤史  at 11:30Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年04月19日

向日市立向陽小学校

11月7日

前回記事同様、地元小学校での授業でした。

向日市で一番古い小学校、ゆえに建物が新しくなっている場所もあり、
そこでの授業、見た通り、真新しく、綺麗な空間です。

今年、遷座1300年を迎える向日神社に隣接しています。

子供たちにこうやって、能楽の講演を行うようになって、10年ほど?
いつか、向日市で、能楽を実際に見せれる機会を作りたい!!!

ずっと思っていますが、なかなか願いは叶いません。

まっ、夢は大きく、そして、なかなか叶わないからこそ、追いかけ甲斐もある!?

そして、いつか、教えた事のある児童に、再会!!!

夢みてます。

いつかそんな日が来るよう、これからも頑張ります。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 16:39Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年04月17日

向日市立第3向陽小学校

11月6日

地元、向日市の小学校での授業です。

文化庁の事業のおかげで、こうやって、子供たちに、目の前で、
能楽について語り、体験、実演を行えます。

きっと、いつか、この活動の流れが何かを!?

そう信じて、頑張っています。

因みに、本年も、11校で同じ事業にて、授業をさせていただきます。

子供たちの未来の為に!!!

頑張ります。





























  


Posted by 吉田 篤史  at 17:51Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年01月29日

向日市立第4向陽小学校

9月6日

前々回の記事に、5,6年まで通った6向小の記事を書きましたが、
今度は1~5年生の1学期まで通った、4向小です。

学校で、なんでかキャラ変わっちゃうんですが、4向小ではどちらかというと真面目、
6向小ではどちらかというとヤンチャな方だったかと思います。
(とはいえ、4向小時代の話を長男にしたら、ありえないー!って言われるけど)

4向小は当時5クラスありましたが、児童の減少により、
現在は、敷地内に老人福祉センターが入っています。

ただ、最近、学校の北側の田畑や、キリンビールの跡地にマンションや一軒家が建ち、
一気に1万人ほど人口増えるぐらいの街ができ、そのほとんどが4向小の校区にあたり、
4向小は、他の学区よりずいぶん子供の多い、学区になりました。

現在、私の家も、この4向小の学区にあたり、ですので、
教える子供たちのなかで、見知った子供がちらほら!

能楽を全く知らないであろう子供たちに、こうやって触れる機会を作れる事、
本当にありがたく、嬉しく、思っています。

いつか、そんな子供たちの中から!!!

とゆう夢の話は置いといて、少しでも子供たちの心に残るよう、これからも頑張ります。





















  


Posted by 吉田 篤史  at 11:41Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年01月25日

向日市立第6向陽小学校

9月1日

5,6年生の時に、私が通っていた母校、向日市立第6向陽小学校での授業でした。

36,7年前かにできた学校だから、ほとんどの場所が昔のまま!!!

会場の音楽室も、カーペットまで昔のままなような気がします。

1年半しか通っていないんですが、高学年になっていたのもあり、
かなり記憶に残っており、懐かしいです。

5年生の夏休みに引っ越し、2学期より、前まで通っていた4向小の側を通り、
2向小の側を横切り、丘を上がりに上がって、徒歩25分ほどはかけて、6向小へ!

今は、4向小の校区なのですが、当時はなぜか、6向小の校区でした。

でも、6向小ゆえの、周りが竹藪や池だったからの遊び、私の人生のいい思い出です。

自分が授業を受けた学校での授業は、感慨深いものがあります。

これからも続けていけますように。

頑張ります。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 08:10Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年01月15日

東広島市板城西小学校

7月18日

東広島市板城西小学校での授業です。

この学校では、昨年まで8回もの稽古を行い、
最後に周りの方々をお招きして、発表会を行っていたのですが、
今年、学校行事が多く、3回しか行えない事より、授業内容を変えて、講演しました。

東広島市は面積大きく、繁華街のある西条では、たくさんのお子様いらっしゃいますが、
この板城西小学校では、1学年10人弱、ほんに少ないです。

でも、だからこそ手取り足取り、ゆっくり稽古ができる!という良さもあります。

今年は3回でしたが、来年には元に戻る予定!?

現在では、何回もの稽古を重ねて発表会を行ってるのは、私はここだけ!!!

そして、発表会時に、全員着物着て行ってるとなると、
そうはないのでは!?と思います。

これからも頑張ります。

















  


Posted by 吉田 篤史  at 10:20Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年01月13日

相模原市谷口台小学校

7月3日

神奈川県相模原市の小学校での授業でした。

ご縁が繋がり、一昨年に初めて授業させてもらい、
残念ながら一年あきましたが、また受けて下さり、行えました。

遠方という事もあり、3日連続にて授業を!

京都の能楽師が、神奈川で授業行わせていただける事、ほんとに嬉しく思います。

こういった事業、ずっとありますように。

いつまでも続けていこうと思ってもらえるよう、これからも頑張ります。

















  


Posted by 吉田 篤史  at 08:11Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2018年01月12日

大垣市立南小学校

6月26日

大垣市の小学生に授業でした。

稽古場、大垣宿本陣跡にて、10数年前から稽古しているのですが、
その稽古場の区域の学校、南小学校にての授業です。

今年、大垣に稽古場ができて15年で、
9月17日(祝)に記念の謡曲大会(発表会のようなもの)を、開きます。

大垣市にて、いろいろ勉強させていただき、そして、
たくさんの方々に出逢い、そのなかに、悲しい別れがありました。。。。

今では、岐阜市、名古屋市にも稽古場を作らせていただき、本当に感謝しています。

そういえば、長い事、大垣市では謡曲大会はしてますが、講演や公演は行えていない。

いつか、いつか、またそんな機会がありますように。。。

天国のおばあちゃん(大伯母)!!!!

大好きです。













  


Posted by 吉田 篤史  at 14:49Comments(2)文化芸術による子供の育成事業

2018年01月11日

向日市立第5向陽小学校

6月22日

いつも半年遅れてるblog記事、年を跨ぐと、特に申し訳なく、思います。

ごめんなさい。

向日市第5向陽小学校の授業でした。

校長先生は、昔々から存じています。

初めて、私が小学校で授業をした時だったので、10年ぐらい前?

という事は、その頃教えていた児童は、既に、
成人どころか、社会人になってるんだ!!!

月日が経つのは早いものです。。

いつか、いつか、そんな子達に、また出会える時があると嬉しいです。

子供たちの心に、少しは残るよう、これからも頑張ります。















  


Posted by 吉田 篤史  at 11:48Comments(0)文化芸術による子供の育成事業

2017年12月08日

京都市立大藪小学校

6月20日

現在、向日市では全小学校で授業している事は、前の記事に書きましたが、
お隣、京都市では、残念ながら、現在一校のみしか授業行えていません。

向日市から自転車でも行ける距離の、大藪小学校のみです。

6月ということもあり、梅雨時、雨率高く、自転車で行けない事が多いですが。

京都市内、また隣の長岡京などでも、もっと活動できるといいのだけれど。。。

なかなか、自分のそういった活動には時間使えていません。

でも、やらなくちゃならない事で手いっぱいですが、未来の為に、頑張ります。

















  


Posted by 吉田 篤史  at 18:16Comments(8)文化芸術による子供の育成事業

2017年12月04日

向日市立第2向陽小学校

6月19日

私の住んでいる向日市には、公立の学校が、6校あります。

学校名、向陽、第2向陽、第3と、わかりやすくなっています。

その6校、全部の学校で、文化庁の事業で、能楽の授業を行わせていただいており、
6年生に、毎年授業を行い、子供たちに、楽しんでいただく中、能楽を通して、
日本文化の豊かさを知っていただき、大人になる流れの中で、
守っていけるような素敵な大人になってほしいと、訴えています。

いつか、この授業を受けた事ある子供たちの中で、そんな素敵な方がいてくれると!

いつか、そんな事を、実際にきける機会はなくても、そう願います。

これからも、この授業をずっと行えると嬉しいです。





















  


Posted by 吉田 篤史  at 15:54Comments(0)文化芸術による子供の育成事業