京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年04月11日

広島文化賞3

そして11月28日に父と実行委員会の会長が受賞式に参りました。

ひろしま文化振興財団は県・商工会議所の作った文化財団です。
http://www.h-bunka.or.jp/zaidan/hirobuntop.htm


各都道府県が文化賞を出していますが、
当家が広島県の文化賞をいただいたわけです。

私は勿論家族全員またお弟子様皆様大変嬉しい事です。

12月半ばにはパーティーも開かれ市長を始め、
沢山の方々の出席を賜り本当に嬉しい1日でした。

尾道薪能を1回でも続けたく何とか助成してくれる所はないか、
模索していたら1年にも満たない状態で助成ではなく、
広島文化賞になりました。

だから今年は広島文化賞受賞という冠を付けての尾道薪能です。

何が何でも頑張ります!

最後に、
理事の方々⇒
本当にありがとうございます。
この賞をいただいた事光栄に思い頑張って参ります。
そして沢山の方々が能楽に触れる機会をいろいろな形で、
実行して参ります。
何卒今後とも宜しくお願いいたします。

お弟子様方⇒
ありがとうございます。
貴方様方が頑張って下さっているからこの賞を受賞できました。
本当にありがとうございます。

妻⇒
いつも大変な思いさせてごめんなさい。
本当にありがとう。
これからも助けて下さい!

終  


Posted by 吉田 篤史  at 21:58Comments(0)尾道薪能

2007年04月11日

広島文化賞2

1回目の助成申請が散々ではありましたが諦めず、
いろいろな助成を行っている所を調べてみると、
ひろしま文化振興財団の助成募集が、今からでも間に合う期日になっていました。

更によくサイトを見ると理事の方々の名前が!

直接知っている方はいらっしゃらなかったんですが、
ダメもとで父のお弟子様に聞いてみると何人かお知り合いの方が!

連絡を取ってもらい挨拶に参りました。

そして助成申請しました。

ですが残念乍不可となり助成されませんでした。

仕方なく来年だなと思っていたら夏に突然理事の方から連絡が!

助成はダメでしたが文化賞の候補として推薦したいので、
尾道市を通して書類を提出してほしいといわれました。

妻は入院中でした。

私とお弟子様と市の係の人とで書類を整え提出!

そして秋に私は胆嚢に腫瘍ができ3週間入院し退院した翌日に、
京都の福知山で講演を頼まれていたので講演に行きその帰りに、
連絡がきました。

『受賞おめでとうございます!』

まさか受賞するとは思っていませんでした。

入院中にお弟子様に連絡すると他にもたくさん候補があり、
尾道薪能は真ん中ぐらいの評価と聞いていたから…。

びっくりです。  


Posted by 吉田 篤史  at 21:21Comments(0)尾道薪能

2007年04月11日

広島文化賞1

尾道薪能
http://www.k5.dion.ne.jp/~hana-noh/index.html
http://ermjp.com/noh/
を主催している尾道薪能実行委員会が、
昨年11月28日にひろしま文化振興財団より広島文化賞を受賞しました。

この話を少しさせてもらうと、
まず平成17年12月2日に遡ります。

舞台の申し合わせ(リハーサル)で観世会館に行き、
何気なく掲示板を見ると芸術文化振興基金助成募集の張り紙があり、
更によく見ると募集締切日がまさしく今日12月2日になっていました。

これも何かの縁と思い私の右腕でもあり運命共同体の妻に連絡。

『資料は実家にあるし父はこの後何もないそうやから、
花の能と尾道薪能を2人でやってみて〜な〜!』

相変わらず酷い人間です。(すいません)

父にもその旨申して私はそのまま自分のお弟子様の稽古へ!

22:00ぐらいに終わって実家に行くと悪戦苦闘の妻と父。

私も加わり何とか仕上げて京都郵便局に持っていきました。

勿論結果は散々。

後で担当者からいろいろと修正箇所をゆわれ直しましたが、
当然助成は不可!となりこれから当家の助成への道が始まりました。  


Posted by 吉田 篤史  at 20:29Comments(0)尾道薪能

2007年04月11日

面白能楽館

観世会館の地図はこちら
申し訳ございません。

昨日はアップする時間をついに失ってしまいました。

順番に書きます。

まず泊まっていたアパホテル。

今まではダイワロイネット岐阜に泊まっていたのですが、
何もかも下でした。

部屋の広さ・ベッドの広さ・室内設備の充実度・受付の対応等々…。

比べる余地もないほどダイワロイネット岐阜の方が良かったです。

あとはいつものコースで岐阜市と瑞穂市のカルチャースクール・
最後に瑞穂市総合センターでの個人稽古をやって終わりです。

16:00ぐらいから手が空きアップする予定でした。

それがなぜできなかったのか…。


私は京都観世会という団体に属しています。

観世流の京都にて活動している能楽師はここに属します。

昨年よりこの京都観世会の若手?(20代〜50まで)により、
新しい企画運営を催す事になりました。

それが『面白能楽館』です。

今年は7月28日(土)に行われるのですが、
急に私が宣伝広報を行う事になりました。

催し3ヶ月半前で、内容は骨組みだけしか決まっておらず、
チラシも作成にはまだ入ってないのに宣伝広報!

協力して下さる方に相談する事で、
残り全ての時間費やしてしまいました…。  


Posted by 吉田 篤史  at 08:21Comments(0)能楽師の毎日