京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年04月28日

湊川神社


湊川神社神能殿の地図はこちら
今日は神戸の湊川神社神能殿(中央区多聞通3丁目1)で、
井上同門定期会でした。

この湊川神社神能殿はほかの舞楽殿や神能殿に比べ、
物凄く立派で完全な能楽堂仕立てになっております。

この神能殿を建てるにあたり、
観世流の能楽師や鹿島建設の力がなければ、
建つ事は叶わなかったと思います。

では、なぜ観世流が?

なぜ鹿島建設が?

という事を説明いたします。


湊川神社の御祭神は楠木正成公(大楠公)です。

能楽の始祖は観阿弥・世阿弥です。


生家は伊賀の服部家です。(あの伊賀の服部家です。)

観阿弥の母上は大楠公の妹でした。

勿論当時伏せられていました…。

この事は観阿弥の祖父家にあたる上島家の古文書、
『観世福田系図』によって明らかになりました。

ですが観世福田系図は改竄された物として発見された当時は、
歴史上受け入れられなかったのですが、
播磨の名門永富家の古文書によって意見が覆りました。

永富家は鹿島建設創始者、故鹿島守之助の生家で、
何十代も前の永富恵仁が観阿弥の父服部元就と兄弟でした。

こういった縁戚関係から湊川神社の神能殿を建てるにあたり、
尽力をつくされたわけです。


皆様も血縁を大切にしていきましょう!(笑)  


Posted by 吉田 篤史  at 16:56Comments(0)能楽の話