京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2008年01月11日

嵐(失態)の旅~広島~

一昨日9日は広島初稽古でした。

12年前稽古場閉鎖されて後、今日ついに教室復活します。

その前の29年続いた歴史が再び時計動かされます。

朝6:00に起きシャワー浴びて身を清め身支度!

1回目の稽古だということ、また新年初稽古という事もあり、
いろいろ渡すものをコピーしたり書いたりして出かける用意。

更にその間に記事も書き…。

10:33の電車と調べていたから10:20に家を出て駅向かいました。

つくと!










電車10分遅れ!

なにぃ~~~~~~~!

新大阪で10分ちょいの乗り換え時間しかみてないがな…。

結局15分遅れて新幹線乗り遅れる。

次の新幹線乗って広島のさる方に連絡する。

普段新幹線一本遅れるぐらいは大した事やないんですが、
今回は広島港から江田島へ船乗りたいからです。

江田島の小用に行く船は1時間に1本しかありません。

なぜ江田島か?

生まれてから大学時代までずっと可愛がって下さった方がいらっしゃった場所で、
夏にはご自宅に泊めてもらっていた家に仏さんになられたあの方に、
稽古場復活のご報告に参る為です。

だからどうしても参りたいしその後も初めての稽古だから遅刻もしたくない。

だから新幹線内でさる方連絡し、
新幹線の降り口は何号車が一番いいかや一番近いルートはどこかなど聞いてました。

で広島駅つく前に15号車から7号車まで移動!

降りたら両手に鞄やお土産持ちながらダッシュ!

そしたら改札口にてさる方待っててくれタクシーまで停めて下さってました。

ほんまいつもながら頭下がる思いでいっぱいです。

人として尊敬しておりこれからも一生友人として大切にしたい方です。

で!

タクシーの運転手さんに急いでもらい港につき船着き場行くと!


















目前で船は出てしまいました。

まさに自失呆然な時間です。

とりあえず江田島の方と稽古場のお弟子様に遅れる旨連絡し、
椅子に座って海眺めてました。

そしたら館内放送が!

『京都よりお越しの吉田篤史様、総合案内所までお越し下さい!』

なんやろ?思いながら行くと江田島の方から連絡が!

小用には1時間に1本しかないけど少し離れた切串ならあと5分後に船が出るとの事、
また切串まで迎えに行くからその船乗って下さいとの事でした。

急いで小用行きの切符から切串行きの切符に買い換えて、
走って船着き場に向かいました。















今回は無事船乗り込めました。

その後仏前に手を合わし少し息子様ご夫婦とお話し、
また今度は小用から広島港に帰りました。

港では二転三転した為迎えの時間が二転三転し、
ご迷惑おかけしたお弟子様待っていて下さいました。

車に乗りご実家の稽古場つきました。



でかっ!!!



庭も広くよく手入れされておりお家もよく綺麗にされています。

照明もこだわっておられまるで旅館です。

京都岐阜の稽古場以来の新しい稽古場は数年ぶり、
更に習って下さるお弟子様5人が完全に謡も仕舞も習った事ない方、
ワクワクドキドキの稽古でした。

皆様の緊張も心地良く感じるあたりさすが私、ど☆です。

でも私なりには緊張をほぐして差し上げるよう最大限努力したつもりです。

謡は事細かく説明し一句ずつ鸚鵡返しで稽古し、
それを録音し持ち帰って勉強してもらいます。

仕舞は曲目を決めお見本の舞を披露しました。

お稽古場には突然の来訪者もたくさんお越しでした。

前から広島市内で普及にお力添え頂戴している方がマスコミの方連れてこられたり、
見学者も2名お若い方みえたりとなんやこうや休む暇あまりなく時間たちました。

稽古終了後はそのお弟子様と見学者の方、
また私の友人やらでご飯食べに繁華街向かいました。

いろいろと話もつきずまた友人達のフィアンセの方も2人もお越しになり、
楽しい夕べを過ごさしていただきました。

そういや2カップルとも私の勝手なスケジュールで、
結婚式の日が決まるという相変わらずの傍若無人ぶり発揮してしまってます。

ほんますいません~~~!

幸せな日に幸せな仲間とのお酒の時間、
最近お酒飲まなくなった私でもこんな日なら毎日続いてもいいかな!と思いました。



最後に!



まだ失態な事あります。














江田島・広島の初めての稽古場・楽しい夕べと時間過ごしたのに、
写真1枚すら撮るの忘れてました~~~~~!

という事でせっかくのいい幸せ記事なのに写真がアップできません。

残念です!
  


Posted by 吉田 篤史  at 08:40Comments(4)能楽師の毎日