京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2019年02月10日

向日神社御鎮座1300年奉祝大祭

10月27日

向日市に3才で引っ越してきて、7年間師匠家に住み込み修行していたとはいえ、
40数年、向日市に住んでいる私、向日市に住むようになり、ご近所の方より、
向日神社の話を聞いた時、自分達は氏子でもないし、氏神様違うから!
なんてな話を聞いて、びっくりしました。

たしかに、氏神様の事を調べると、元々の意味は、
古代にその氏人たちだけが祀った神であり、祖先神とありました。

この意味ではたしかに違いますが、鎮守や産土神も、
今では氏神様というようになり、向日市に住む私達は、向日神社が氏神様です。

私は、祖父の家が当時、鞍馬口駅近くにあり、
鞍馬口病院(現:京都鞍馬口医療センター)にて産まれた事により、
上御霊神社を、産土神として崇めてきました。

でも、鎮守は、40数年、間違いなく向日神社であり、
向日市に自分の家を構えた時より、氏神様は向日神社!と再認識しています。

その向日神社は、718年奈良時代の始まりに、御鎮座され、
今回、1300年を祝う祭が行われ、能楽を奉納させていただきました。

氏子の一人として、自分の氏神様の祭で、
こうやって奉納できる事、嬉しく思います。

1400年は、私どころか、子達でも無理でしょう!

でも、孫の頃は?

これからも地元を愛していきたいです。
(という事で、今日も向日市内、走ってきまーす!)















  


Posted by 吉田 篤史  at 18:49Comments(2)その他の舞台