京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2019年02月18日

煎茶道 宝山流

11月3日

もう10年以上の付き合いになるでしょうか!

一番始めは、mixiで始まった、おっとこ前茶会、そこにお越しのお客様でした。

その後、1回目は名古屋で、次は東京で、ご主人の転勤の度に、
その場所で、講演を行って下さいました。

ここ数年は落ち着かれ、ずっと京都!

それから煎茶、宝山流とご一緒に催しを行うようになりました。

先の広島女学院大学は、また別の方からのご縁!

本当にご縁に生かされており、本当に感謝です。

1つ1つの出会いを大切に、皆様に感謝して、これからも頑張りたいです。

で、今回の梨木神社での講演、ここでの講演は2度目です。

今回は、息子たちを連れていき、それぞれと舞を!

この子達のおかげで、催しが少しずつ充実するようになりました。

1年1年成長し、手伝わせる事が増えていきます。

そんな場を設けて下さっている事にも感謝です。
(舞台を通して教えられる事、多々あるので)

お越しのお客様方も楽しんでもらえたよう!

もっともっと、日本文化、能楽に触れてもらい楽しんでもらえるよう、
これからも頑張っていきたいと思います。































  


Posted by 吉田 篤史  at 10:53Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2019年02月14日

広島女学院大学

10月31日

ご縁を頂戴し、広島女学院大学にて、講演させていただきました。
(感謝、感謝ーーー!!!)

先輩にもお手伝いいただき、2人にて!

1人でできる事、2人になれば更に内容が充実します。(3人ならば更に!)

私の想い、心に届け!!!

次の世代、次の世代と繋げていけるよう、これからも頑張ります。









































  


Posted by 吉田 篤史  at 11:13Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2019年02月11日

大垣市立興文小学校

10月29日

前日の舞台で、左膝を痛め、正座もできない状態だったのですが、
文化庁の事業、休みにするわけにもいかず、授業を行いました。

痛みでできない事もありましたが、何とか授業は行えました。

左膝、その後の経過で、後十字靭帯の損傷との診断で、
未だにまともに正座できませんが、ほんの少しずつではありますが、前向きに!

本年も、多々の学校で授業を行わせていただく予定です。

児童の皆さんに、楽しんでいただけるよう、早く治して、頑張ります。



















  


Posted by 吉田 篤史  at 09:17Comments(2)文化芸術による子供の育成事業

2019年02月10日

向日神社御鎮座1300年奉祝大祭

10月27日

向日市に3才で引っ越してきて、7年間師匠家に住み込み修行していたとはいえ、
40数年、向日市に住んでいる私、向日市に住むようになり、ご近所の方より、
向日神社の話を聞いた時、自分達は氏子でもないし、氏神様違うから!
なんてな話を聞いて、びっくりしました。

たしかに、氏神様の事を調べると、元々の意味は、
古代にその氏人たちだけが祀った神であり、祖先神とありました。

この意味ではたしかに違いますが、鎮守や産土神も、
今では氏神様というようになり、向日市に住む私達は、向日神社が氏神様です。

私は、祖父の家が当時、鞍馬口駅近くにあり、
鞍馬口病院(現:京都鞍馬口医療センター)にて産まれた事により、
上御霊神社を、産土神として崇めてきました。

でも、鎮守は、40数年、間違いなく向日神社であり、
向日市に自分の家を構えた時より、氏神様は向日神社!と再認識しています。

その向日神社は、718年奈良時代の始まりに、御鎮座され、
今回、1300年を祝う祭が行われ、能楽を奉納させていただきました。

氏子の一人として、自分の氏神様の祭で、
こうやって奉納できる事、嬉しく思います。

1400年は、私どころか、子達でも無理でしょう!

でも、孫の頃は?

これからも地元を愛していきたいです。
(という事で、今日も向日市内、走ってきまーす!)















  


Posted by 吉田 篤史  at 18:49Comments(2)その他の舞台

2019年02月09日

Hiroshima Cultural Night

10月15日

広島に観光にお越しの海外の方々をメインに、
広島県立美術館にて、講演しました。

話などは、通訳の方を交えて!
(通訳者、よく知ってる人でした)

謡を体験してもらい、少し実演した後、
お客様の一人にモデルになってもらい、衣装を着けていきました。

最後に、いろいろと質問にこたえました。

こういった企画、素敵ですね!

今年はあるのかな?

また、ありますように。























  


Posted by 吉田 篤史  at 13:07Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

2019年02月08日

お能体験勉強会(広島)

ひろしまきもの遊びPresentsお能体験勉強会~能の世界をのぞいてみよう~(広島)


日時:平成31年4月13日(土)14:00~15:30(開場13:30~)

会場:幟会館1Fホール
(広島市中区八丁堀3-2)
※広島電鉄、女学院前駅、八丁堀駅、立町駅より徒歩5分ほど

内容:第1回世界無形遺産に登録されている「能楽」を、話・舞・謡・体験・装束を交えて、
初めて観る方にもわかりやすく愉しく講演する、体験型勉強会です。
また、5/11(土)に行われる尾道薪能についても、いろいろと話などあります。

料金:2000円(当日受付でお支払ください)

お問い合わせ、お申し込み先:
Tel&Fax、075-932-5066
Mail、mai-monchan@s6.dion.ne.jp(共に吉田方)
ひろしまきもの遊びよりも、メールにて申し込みできます。
wabisabi@kimonoasobi.info
※メールやファックスでは、件名に「4月13日お能体験勉強会」とお書き下さり、
名前、人数、連絡先をお知らせ下さい。
※キャンセルは3日前(4/10)までにご連絡下さい。
無断でのキャンセルはお控え下さい。



  


Posted by 吉田 篤史  at 09:15Comments(0)近々の舞台予定

2019年02月06日

第28回「尾道薪能」

第28回「尾道薪能」


日時:平成31年5月11日(土)18:00~20:00頃

会場:浄土寺、阿弥陀堂
(尾道市東久保町20-28)
※尾道駅より徒歩25分
尾道駅より東行きバス約6分「浄土寺」下で下車
広島市内よりバスツアーあります(詳しくはTel:082-836-5780.MEDELLアクア店にて)

演目:能「羽衣」・他仕舞4番と狂言1番と解説

料金:前売券3000円
  当日券3500円
   学生券1000円
   高校生以下無料

吉田篤史配役:能「羽衣」のシテ

お問い合わせ、申し込み先:
Tel&Fax、075-932-5066
Mail、mai-monchan@s6.dion.ne.jp(共に吉田方)
※メールの場合は、件名に「5月11日尾道薪能」とお書き下さり、
枚数や送り先をお知らせ下さいませ。


追伸、尾道薪能のHPあります。
http://www.ermjp.com/noh/

また、blogには過去の尾道薪能記事を纏めてあります。
http://hananoh.kyo2.jp/c1669.html

これらも、よかったら、ご覧くださいませね!





  


Posted by 吉田 篤史  at 09:33Comments(0)近々の舞台予定

2019年02月05日

福山市立桜丘小学校

9月27日

個人的に、修学旅行にお越しの小・中学生の児童に、能楽の講演を行っています。

今回は、その個人的に受けている講演ではなく、
一般財団法人能楽堂嘉祥閣で受けている講演で、それも嘉祥閣でではなく、
お泊まりの旅館やホテルに出張して行う講演です。

今回は、いしちょうという旅館であり、児童が晩御飯を食べ終わられた後、
引き続いて、能とそして、狂言の講演です。

大人の皆様の中にも、狂言師という言葉が当たり前に使われるようになり、
能と狂言が、かけ離れた違うジャンルの伝統芸能と思ってられる方多く、
その辺りも含めて、違いなどを話し、それぞれの雰囲気を感じてもらいます。

能楽のみを講演、っていうのもいいですが、短い時間になってしまいますが、
こんな感じで、それぞれを感じてもらうのも、いいですね!

財団法人では、本年より内容などを一新し、
更に皆様に楽しんでもらえるように企画し直しています。

また、それをお伝えできればと思います。

皆様に楽しんでいただけるよう、頑張ります。



























  


Posted by 吉田 篤史  at 10:33Comments(0)修学旅行生への講演

2019年02月04日

広島吉田嘉謡社創立50周年記念謡曲大会

9月24日

広島市内の稽古場、父が稽古場を設けたのは50年前!

私が大学生時代?書生時代だったかに残念ながら、
稽古場なくなってしまったのですが、私が子供の頃、
可愛がってくれたお弟子様、広島市というより、江田島にいらっしゃいました。

小学生の時、お家に泊めてもらったり、海水浴に連れていってもらったり、
本当にいろいろ世話になったので、独立した時、仏前に頭を下げに行きました。

その広島!!!

何とか尾道薪能を存続しようと必死に活動していく流れのなか、
ありがたくも、広島市内に稽古場を持たさせていただくようになりました。
(残念ながら、初期のお弟子様方は辞めちゃったけど)

それでも、現在、6人のお弟子様が習って下さっていて、小さい稽古場ですが、
他の広島県の稽古場、尾道、鞆、福山のお弟子様方にも助けてもらい、
合間抜けているんですが、創立50周年を祝う会を行わせていだきました。

45周年の時は、東区民センターの和室(ステージ付き)でさせてもらいましたが、
今回、実は私の稽古場が、父が昔々に稽古していた場所とわかり、
古い古い建物ですが、幟会館にて行わせていただきました。

せめて背景だけでもと、財団法人能楽堂嘉祥閣に、幕と柱をお借りしました。

皆さん、どう思われたんだろ?

55周年の時にどうするかの参考の為に、またお聞きしなくては!

催し後は、私のお気に入りのホテル、カンデオホテル広島1Fのお店へ!

イタリアンを皆様と食事し、愉しい時間を過ごさせていただきました。

55周年をまた祝えるよう、これからも頑張ります。















































  


Posted by 吉田 篤史  at 13:44Comments(4)吉田嘉謡社