京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2019年04月24日

東広島市立板城西小学校

11月17日

文化庁の文化芸術による子供の育成総合事業のなかの、芸術家の派遣事業にて、
多々の学校に授業に行かせてもらっていますが、ここの学校も、その1つです。

ただ、ここの学校は、それだけでなく、同じ総合事業内の、
コミュニケーション能力向上事業、更に東広島市からもバックアップを受け、
年7回の稽古を行い、最後には和装姿で発表も行っています。

過去は、5・6年生で行ってきましたが、今回から6年生のみ!

ただ、ただ舞や謡の発表するだけでなく、演目のあらすじを現代劇風に!

今回は小鍛治でした。

前は、他の学校でも、同じような事を行っていました。

より、子供たちの心に、日本文化、残ってくれた事と思います。

今年もおこなえるかな?

たくさんの子供たちに、心に、能楽を通して、日本文化の豊かさ、
日本の素晴らしさを伝えていきたい!と、思っています。





















  


Posted by 吉田 篤史  at 16:31Comments(0)文化芸術による子供育成総合事業