京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2019年04月24日

東広島市立板城西小学校

11月17日

文化庁の文化芸術による子供の育成総合事業のなかの、芸術家の派遣事業にて、
多々の学校に授業に行かせてもらっていますが、ここの学校も、その1つです。

ただ、ここの学校は、それだけでなく、同じ総合事業内の、
コミュニケーション能力向上事業、更に東広島市からもバックアップを受け、
年7回の稽古を行い、最後には和装姿で発表も行っています。

過去は、5・6年生で行ってきましたが、今回から6年生のみ!

ただ、ただ舞や謡の発表するだけでなく、演目のあらすじを現代劇風に!

今回は小鍛治でした。

前は、他の学校でも、同じような事を行っていました。

より、子供たちの心に、日本文化、残ってくれた事と思います。

今年もおこなえるかな?

たくさんの子供たちに、心に、能楽を通して、日本文化の豊かさ、
日本の素晴らしさを伝えていきたい!と、思っています。





















  


Posted by 吉田 篤史  at 16:31Comments(0)文化芸術による子供育成総合事業

2019年04月22日

向日市立第3向陽小学校

11月13日

実は、大人になるまで、この3向小学がどこにあるのか、
向日市にずっと住みながら、存じませんでした。

私が車に乗らないからかも?

我が家に一番近いのは4向小学校と思っていたのですが、4向まで700m、
なんと3向小は600mと、更に近い事、最近知りました。

因みに、なぜか6向区の実家、400mほどの4向、1kmの2向の横を通り、
1,7km山道を登り、6向小学校に通っていました。

校区を決めるのん、距離だけでなく、
人数も考えてお組みになる事、大変だろうなと思います。

一本の道を隔てて、3向、4向と校区を分けてられるのだろうなと思います。

その3向小学校での授業、今年で何回目かな?

中学校は、4向区と同じ、寺土中学校に通われるお子さまもいらっしゃるとの事!

うちの長男と一緒の学校です。

覚えててくれてるかな?

日本人に生まれた事、誇りをもってもらえ、
日本文化を大切にしてもらえると嬉しいです。



























  


Posted by 吉田 篤史  at 10:32Comments(0)文化芸術による子供育成総合事業

2019年04月15日

吉田嘉謡社秋季謡曲大会

11月4日

京都、大阪のお弟子様方の会、吉田嘉謡社、秋の発表会的な会、謡曲大会です。

日頃の稽古の成果を発表する場で、謡と仕舞を行っていただいています。

5年に1度の記念会では、能や舞囃子(謡と舞だけでなく囃子も入る)も!

普段の謡曲大会では、能楽堂嘉祥閣をお借りして!

私が7年間修行した場所です。
(住み込んだのは6年間だけど)

年々、残念ながらお弟子様増えて、年2回の謡曲大会、
年2回の謡曲会を行う事、難しくなってきたように思います。

でも、祖父や父が行ってきた事、何とか続けていければ!と、思います。

もっともっと能楽の魅力を皆様に伝えていきたい!

見て楽しむだけでなく、やって楽しむ、能楽!!!

これからも、頑張ります。



















































  


Posted by 吉田 篤史  at 13:12Comments(2)吉田嘉謡社