京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年03月15日

縫箔

『紅地霞ニ蝶 亀甲ニ雪輪文様縫箔』
(あかじかすみにちょう
きっこうにゆきわもんようぬいはく)



用途は3種類あり、まず
1 『田村』や『小鍛冶』などの前シテ(前場面の主役)に使用する場合で、
この時は着流し状態で着ます。

2 『花月』や、平家の公達の時に使用する場合で、
この時は、大口(元の形は全然違うが、結局は袴状態になる物)をはきます。

3 『羽衣』などの天女の時に使用する場合で、
この時は、着流しの下だけ状態で、腰より下だけ着ます。

霞ニ蝶や、亀甲ニ雪輪は、その模様が縫ってあったり、
金箔がすってあったりしているという事です。

という事で使用頻度が高く、何両も持って、それを回していくのが通例ですが、
残念乍、当家にはこれしかありません。

誰か、買ってぇ〜!(笑)


同じカテゴリー(装束類(和物全般に含む))の記事画像
鬘帯・鉢巻の結び方
紅白段三ツ盛亀甲ニ雲文様厚板
白地山形二雲文様半切
同じカテゴリー(装束類(和物全般に含む))の記事
 鬘帯・鉢巻の結び方 (2007-05-28 23:45)
 紅白段三ツ盛亀甲ニ雲文様厚板 (2007-04-29 19:06)
 白地山形二雲文様半切 (2007-03-26 22:39)

Posted by 吉田 篤史  at 16:42 │Comments(0)装束類(和物全般に含む)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。