京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2007年05月28日

鬘帯・鉢巻の結び方

さる方から鉢巻の結び方が能衣装を着付ける際には、
どう結んでられているのか?
とご質問があったのでアップいたします。

基本は蝶々結びです。

ですがちょっと違います。

それと鬘帯(女性役の鬘に付ける飾り)も同じ結び方なので、
鬘帯の結び方の写真をアップいたします。

まず左側の帯を下にしてクロスさせます。

そして左側の帯で右側の帯を巻き上へ跳ね上げます。(写真1)


普通はこの後跳ね上げた帯を下に全部突っ込んで結ぶのですが、
この跳ね上げた帯を全部突っ込まず少しだけ下に引っ張ります。
(写真2)


下に引っ張った帯を左に返しもう片方の帯を上から被せます。
(写真3)


後は被せた帯で蝶々にします。(写真4)


最後に跳ね上げていた帯を被せて出来上がりです。(写真5)


わかるかな~?
(書いて相手に伝えるのって難しいです)


追記:
6月30日(土)・7月1日(日)・7月2日(月)の舞台予定アップしました。
ご興味のある方はご覧下さいね!


同じカテゴリー(装束類(和物全般に含む))の記事画像
紅白段三ツ盛亀甲ニ雲文様厚板
白地山形二雲文様半切
縫箔
同じカテゴリー(装束類(和物全般に含む))の記事
 紅白段三ツ盛亀甲ニ雲文様厚板 (2007-04-29 19:06)
 白地山形二雲文様半切 (2007-03-26 22:39)
 縫箔 (2007-03-15 16:42)

Posted by 吉田 篤史  at 23:45 │Comments(0)装束類(和物全般に含む)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。