京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2014年05月07日

東広島市立板城西小学校

2月16日

広島県、東広島市の、板城西小学校の発表会です。

5,6年生を教えていて、2時限を8回!

計16時限、能楽指導に割いてもらい、稽古しています。

私の関わっている、見た事のある学校でも、随一の先生の指導のもと、
子供たちも頑張り、過去にない素晴らしい出来に仕上がりました。

一つ一つの型を綺麗にするとこまで!

本番に生かせた児童、緊張より本番に生かせなかった児童もいるでしょうが、
ほんに、よかった!!!!と思います。

こういった授業を通して、日本の文化の豊かさを知り、誇りに思い、
何代も何十代も文化を続けてきた先人、ひいてはご両親、祖先を誇りに思い尊敬し、
日本に生まれた事を誇りに思ってもらえたら嬉しいです。

そして、稽古をするなか、また舞台で発表する事によって勝ち得た、
様々な事を、人生に生かせてもらえたら、嬉しいです。

そしてそして、大人になる流れのなかで、文化を続けていく、お手伝いを、
していける大人になってくれたら、本当に嬉しいです。

いつかまた会える日を!!!!

楽しみにしています。

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校

東広島市立板城西小学校



追伸、子供たちから感想文をもらいました。

代表して、数人の感想文を転載させていただきます。



5年生から6年生まで、能の稽古をする為に、
わざわざ京都から来ていただき、ありがとうございました。

私は最初、嫌だなあーとか、どこが楽しいんだろ?という気持ちばかりでした。

でも、嫌だなあーという気持ちはある時もあったけど、
班の人と揃ってできた時は、楽しい、という気持ちが、少し、あふれる事もあります。

能は、難しいけど、やった事により、何かが変わったような気もします。

ふれあいフェスティバルの日、吉田先生が舞って下さった能は、
感動したし、今でも、心に残っています。

本当に、忙しい中、教えに来ていただき、ありがとうございました。



吉田先生、毎年、僕達6年生と5年生に能を教える為に、
わざわざ京都からいらして下さり、ありがとうございました。

僕は、伝統行事が体験できて、嬉しいです。

それに、6年生は、今年と去年で、違う種類だったので、
2種類の能ができて、いい体験になりました。

ふれあいフェスティバルでは、僕達が習ってない舞を見せていただきました。

先生の能を見れば、みんな自然に拍手が出ます。

僕達の為に、京都から来て下さって、ありがとうございました。



今まで僕達に能を教えてくださり、ありがとうございました。

僕は、最初やり始めて、うたの長さでビビりました。

先生が舞の見本を見せて下さった時は、思わず、拍手が出て、凄いなあーと思いました。

舞を覚えれるかな、とも思いました。

でも先生が細かいところまで、しっかり教えて下さったので、舞えるようになりました。

「またむらくもに、とびんのり」のところで、最初は膝が凄く痛かったけど、
先生が先に足からおりるといいよと教えて下さって、
綺麗に痛そうな動きを見せる事ができました。

僕達は6年生なので、最後だったけど、吉田先生のおかげで、
悔いのないよう、舞うことができました。

吉田先生、本当にありがとうございました。



吉田先生へ

今まで、2年間、能を教えて下さって、ありがとうございました。

私は、去年はあまり能が好きではありませんでした。

でも、今年、能が好きになりました。

それは、本当に、本気で取り組んだからだと思います。

去年は、本当に本気では取り組んでいませんでした。

すいませんでした。

私は、完璧な舞はできませんでした。

横が揃ってないところが、あったからです。

でも、少なくとも、去年よりは揃っていたと思います。

去年と今年の2年間、私たちに、能を、
京都から教えに来てくださって、ありがとうございました。

一生できないかもしれない、能という貴重な体験ができました。

本当にありがとうございました。



追伸2、ってな記事を書いている時に、LINEにて、
前校長先生からメッセージもらって、びっくりしました。

尾道教育委員会の頃にお世話になり、別の小学校の教頭先生時代にも、
そして、この板城西小学校の校長になられてと、ずっとこの10年近く、
お世話になりっぱなし、なりっぱなしでした。

コカ・コーラから始まり、ほんにいろいろいろいろ、ありがとうございました。

まだまだ盛りな貴女様、だけど実年齢的に、定年、もったいない事です。

まだまだご迷惑かけたかったですが(笑)、それも叶いません。

例えば、お弟子様として、ってなわけにもいかん?(笑)

でも、また何かの形で、お会いできる事を、楽しみにしています。

何卒何卒今後とも宜しく、宜しくお願いいたします。


同じカテゴリー(能への誘い(講演・祝舞))の記事画像
煎茶道 宝山流
広島女学院大学
Hiroshima Cultural Night
株式会社京都春秋
福山能を楽しむ会
ギャラリー交差611
同じカテゴリー(能への誘い(講演・祝舞))の記事
 煎茶道 宝山流 (2019-02-18 10:53)
 広島女学院大学 (2019-02-14 11:13)
 Hiroshima Cultural Night (2019-02-09 13:07)
 株式会社京都春秋 (2018-12-31 15:42)
 福山能を楽しむ会 (2018-12-31 06:14)
 ギャラリー交差611 (2018-12-27 07:59)

Posted by 吉田 篤史  at 23:43 │Comments(0)能への誘い(講演・祝舞)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。