京つう

  ゲストブログ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ



2017年10月02日

井上同門定期能十月公演

「井上同門定期能十月公演」


日時:平成29年10月28日(土)13:00~16:45頃(別途12:45から解説があります)

会場:京都観世会館
(京都市左京区東山仁王門東入)
※地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分ほど

演目:能「龍田」「鞍馬天狗」・他狂言1番と仕舞2番

料金:前売券3800円
  当日券4000円
   学生券2000円(要学生証)

吉田篤史配役:「龍田」「鞍馬天狗」の地謡

お問い合わせ、申し込み先:
Tel&Fax、075-932-5066
Mail、mai-monchan@s6.dion.ne.jp(共に吉田方)
※メールやファックスの場合は、件名に「10月28日井上同門定期能」と、
お書き下さり、枚数や送り先をお知らせ下さいませ。







同じカテゴリー(近々の舞台予定)の記事画像
伝承の会
能への誘い(東京)
能への誘い(岡山)
能への誘い(岐阜)
第23回松花の会
能への誘い(京都)
同じカテゴリー(近々の舞台予定)の記事
 伝承の会 (2017-10-04 15:58)
 能への誘い(東京) (2017-09-07 12:37)
 能への誘い(岡山) (2017-08-26 06:43)
 能への誘い(岐阜) (2017-08-25 15:26)
 第23回松花の会 (2017-08-11 07:43)
 能への誘い(京都) (2017-07-29 07:07)

Posted by 吉田 篤史  at 11:58 │Comments(4)近々の舞台予定

この記事へのコメント
“初心忘るべからず”が世阿弥の言葉というのを知って、少しだけ能に興味がわいたのですが、見たことはありません。
予備知識なしでど素人がみにいってもおもしろいものでしょうか?
Posted by guildguild at 2017年10月02日 21:19
guild様⇒ありがとうございます。
わあ、ほとんどコメントのない、当blogにコメント、重ねて御礼ありがとうございます。

確かに能楽は、650年前に作られた事もあり、現代劇のような感覚ではご覧いただけません。
むしろ、海外の音楽や劇を見ているつもりで、言葉はわからないと思い、演者のもつ、緊迫感、緊張感、リズム感を、五感全てで肌で感じていただきたい、雰囲気を楽しんでいただきたいと申しております。
とはいえ、芸術芸能の世界、好き嫌いはあって当然ではありますが。

まずは入り口として、ワークショップ的な催しや、せめて解説のある催しがお薦めかな、と思います。
因みに、この催しも、始めに解説がありますので、少しはわかりやすい、かと思います。

解説のない催しの場合、チラシに大抵、あらすじが載っている事が多いので、せめてそれはお読みいただき、ご覧いただくと、少しは楽しんでもらえると思います。
日本人が作った、世界に誇る芸能、是非に一度は、ご覧になってやって下さいませね!
Posted by 吉田 篤史吉田 篤史 at 2017年10月03日 08:11
お返事ありがとうございます。時間がとれたら是非行って見たくなりました。
能面のあの独特の表情に妙に惹かれるのです。 EIJI
Posted by guildguild at 2017年10月05日 18:46
guild様⇒ありがとうございます。
間近でご覧いただくと、更に惹かれていただけるかと!
いつかのお越し、お待ちしておりまーす!
宜しくお願いいたします。
Posted by 吉田 篤史吉田 篤史 at 2017年10月05日 21:08
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。